このブログを見たら下痢。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
s-DSCF2275.jpg

「おやおや、お困りかい?」

スパイディ!スパイディきた!


s-DSCF2277.jpg

不定期にご紹介するホットトイズシリーズ、第5回は「スパイダーマン」です。

ここまで格好よく精密に再現されたスパイダーマンフィギュアはこれくらいでしょう。
スパイダーマン専用の素体にスーツを着せています。このスーツの出来がまた半端ない。

s-DSCF2278.jpg

s-DSCF2279.jpg

わかりにくいですけど、スーツの生地にもちゃんと映画のスーツとおなじような模様が刺繍されていて
生地の上に付けられた見事なウェブパターン。完璧です。


s-DSCF2273.jpg

スパイダーウェブ。
手首のジョイントに付けるタイプと親指と小指の小さな穴に通すタイプがあります。
すぐひっこ抜けるので固定は難しく、1番最初の画像のようなつり下げは不可能です。


s-DSCF2291.jpg

「本家アメリカからやってきた男、スパイダーマン」テッテレーテッテテー♪

このフィギュアの最も優れた点は、素体の動かしやすさにあります。
おそらくスパイダーマン専用に作られたと思われるこの素体、
硬過ぎず、緩すぎずな適度に堅い関節に、可動範囲がかなり広いので
かなり自由なポーズがとれます。ただし、スーツに負担をかけるので無茶はできません。

s-DSCF2280.jpg

余計な飾りがないため、重心がずれにくく、ほどよい硬さから生まれる驚異のバランス能力。
スタンドいらずで自足でガッシリ立てる上、重心を考えてポーズを取らせば、なんでもできます。


s-DSCF2282.jpg

「江頭2:50を同じタイツ愛好家として尊敬している男、スパイダーマン」テッテレーテッテテー♪

s-DSCF2286.jpg

「ジョジョ立ちも完璧にこなす男、スパイダーマン」テッテレーテッテテー♪

s-DSCF2287.jpg

最後はマーヴル組みで記念撮影。

他のホットトイズフィギュアと比べれば、派手さや豪華さはなく
全身スーツ一丁で、いまいち面白みに欠けるかもしれませんが
動かしてて一番楽しいのは間違いなくこのフィギュアでした。
可動するって大事。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。