このブログを見たら下痢。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
s-nfs1.jpg

NEED FOR SPEEDの新作THE RUNの体験版が配信されたのでプレイ。


日本版リッジレーサー、もはや何作出ているのか把握も出来ないNFSシリーズ。
毎年1作の超ハイペースで作られているので、毎度マンネリ打破を試みてはいるのですが
いまいちパッとしないというか、そろそろアメリカのDQNが改造車で街を爆走する
元の路線に戻すべきだと思うのは私だけでしょうか。


s-nfs4.jpg

そんなNFS本作のテーマは「アメリカ横断」

サンフランシスコからニューヨークまでの5000kmをスポーツカーで爆走します。
こりゃすげえスケールだ、TDU超えたな。

なんてことはなく、一本道でコース化されています。
せめてオンラインでフレンドと一緒に走れたらまだよかったのかもしれませんが
NFSのコンセプトでツーリングなんてまず無理だし、オンラインプレイ未対応のよう。
そしてなにより一番気になるのはシームレスで一直線に横断できるのかという点。
5000kmレースなんてできたら楽し・・・・くはないか、途中で飽きますな。


s-nfs3.jpg

このどこまでも続く一直線の道、憧れますよね。一度走ってみたい。
途中でエンジントラブルでも起こしたらなす術なさそうですけど。
人気のない荒野にエンストした車、これらの要素が組み合わさった時、きっとホラー映画のような展開が・・・。


s-nfs2.jpg

体験版では雪山のダウンヒルもプレイ可能。
誰かが雪山を爆撃して雪崩を起こしてくるという謎展開。
爆撃前にサイレンが鳴るあたり、砲撃してるのは山岳警備隊あたり?
違反車を捕まえるためには環境破壊も厭わない警備隊素敵です。

しっかしフォルツァ4をプレイしたあとに本作をやると鼻で笑ってしまうほどしょぼく映ります。
グラフィックだけでなく、操作性もあまりにもカジュアルすぎて・・・。
ナイトロ装備の鬼加速に、時速300km/hからのブレーキで鬼減速、からのハンドブレーキひとつでお手軽ドリフト。
まるでマリオカート一歩手前のカジュアルさ。

フォルツァで思い出しましたが、海外の車ゲーシリーズと言えば実質フォルツァとNFSのみです。
ゴッサムとかDiRTとかあるけど、この2つが特に有名でしょう。
NFSを抱えるEAは、ポルシェのライセンスを持っているのですが、なぜかEAはフォルツァに
ポルシェを出すことを頑なに拒否するため、フォルツァにはポルシェが出ません。
そんなことがあって本作の公式スクリーンショットではやたらポルシェプッシュなものが多いはず。
といってもフォルツァを抱えるMSはフェラーリのライセンスを持っていて、NFSにはフェラーリが出ません。
両者のいざこざでこんな問題が発生しているわけですが、もう少しユーザーの事考えてほしいですね。

お互いひとさまの権利使って商売しているわけなんですし。



プレイ動画






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。