このブログを見たら下痢。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日3DSが発売されたわけですが、予約の時点で
行列が出来て、発売当日には予約してない人間はまず買えない、
店頭に商品が並ぶことなんてないと思われてたわけですが、

ゲオとかにも普通に置いてあったり
うちの親が働いているスーパーのゲーム売場でも、
予約は抽選になるくらい入荷数が少なかったのに
発売数日前に20台入荷したたしく、

任天堂が150万台しか出荷しないなんて言っていたのは
実際には嘘だったんじゃないかと思ったのです。


そんな3DSですが、ちょっと前にヨドバシで体験する事ができたのですが
一番の魅力は裸眼立体視。これは実際に触らないとわからないので
ちょっとワクワクドキドキで3DSの戦国無双を遊んだわけですが


これはひどい。


目が痛い、これはやばい。
どおりで眼科医が危険を訴えるわけだ。
プレイ開始数秒で、目がシパシパするんです。確かにゲーム自体は立体に見えます。
CMでも奥行がどうのこうのって言っている意味がわかりました。
だがしかしこれで長時間プレイするのは目に本当にやさしくない。

ゲームのグラフィックもPSPと同等か、ちょっと綺麗なくらいで
あんまり違いも感じられず。まぁそれはDSに比べたらかなりの進化ですが。


正直、今買うのはやめておいた方がいいかもしれません。
あとあと出るであろう画面が大きい3DSか安くなるのを待って、
個人的にはあとはバイオハザード・MGSの評判次第ってところでしょうか。
DSのゲームもちょっと興味あるのがいくつかあるし。


そのあとテレビ売り場でも3Dテレビを体験しましたが
見る前から思っていたけれども、まるで3Dである必要もないし
全然立体的にも見えない。そして目が疲れる。

企業だけ必死で消費者置いてけぼり、どうでもいい3Dのブームも
あと1年くらいで終わるでしょうね。


3D、3Dって騒いでるけどこんなレベルですよ。正直。↓

fa189e9fff5a061cff407d4be75feb5e.png


雑誌のおまけでありましたよね、この程度です。


3Dを謳うならまずホログラム技術を完成させろ、話はそれからだ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。