このブログを見たら下痢。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
師走というわけで毎日帰宅が23持くらいで、PSPとアドパを起動する頃には
みんなやり疲れてぐったりしてるか、解散してみんな寝ているわけで
なかなか満足に遊べていないわけですが、なんやかんやで集会所は無事に上位に。

mhp32_1.jpg

さてMHP3看板キャラであるジンオウガをやってみました。

闘った感想としてはナルガベースのラージャン風味。

巨体に見合わずぴょんぴょん跳ねるわ宙返りするわで
すぐ画面から見切れてしまって見失います。
おもな攻撃方法は高速で間合いを詰めてタックルしたり
ラージャンのような連続パンチ、
曲射する電撃球を撃ってきたりもします。
ティガナルガベースとは言っても完全オリジナルモーションです。

mhp32_2.jpg
普通のモンスターは何度か攻撃したり部位破壊すると怒りますが
ジンオウガは怒りません。かわりに「超電雷光虫」という
厨二的ネーミングセンスな虫を体に宿して、電気を蓄えるために充電し出します。
充電が完了すると、通常のモンスターで言う怒り状態となり
攻撃スピードが上がり、攻撃回数が増えたり新たな攻撃を繰り出してきます。

何度かダメージを与えると、放電が解除され通常状態に戻ります。
言ってみれば攻撃を与える事ができなければ、常に怒っている状態というわけです。


プレイ動画





いやーまじでキャプ画面ちいせぇ・・・。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。