このブログを見たら下痢。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
gt5 (4)


さてさっそくGT5をしこしこプレイしているわけですが

第一印象としては「何も変わってない」。
決して悪い意味ではありません、ゲームデザイン・システム・雰囲気
なにからなにまで昔のままです。


gt5 (1)

変わったのはグラフィックと車の挙動などの
細かなシミュレーションプログラムくらいでしょう。


まぁそのおかげでシリーズ経験者はとっつきやすいわけですが
こんだけ延期して「え?この程度の完成度?」っていうのが正直な感想です。
やはり延期しすぎでハードルがあがりすぎた感はあります。

残念ながら別にそれほどビックリするほどでもありませんでした。
特に背景のグラフィックで、かなりお粗末がところが見受けられます。
たまにPS2レベルのテクスチャも見られます。


s-20101130-002806.jpg

車の写真を色んな場所で好きに撮れるモードが
あるのですがそれだけはやたらと綺麗。


s-京都 祇園

s-京都 祇園_1

フォトモードで撮影、PS3からメモリーカードに書き出したデータです。
走っているとよくわかりませんが、やはり車のグラフィックは相当なもんです。
ミニクーパーカッコ可愛いよミニクーパー。


s-京都 青蓮院

s-アールヴァイラー 広場_1

もし車を自分で買うことになったら、乗ってみたい車
スズキのスイフトでパシャリ。
特に下画像、車なんてもう完全に実写の域。

それにしてもやはり木の描写がイマイチ。


s-アールヴァイラー 広場

ミニチュアエフェクトで撮影。この機能が付いたデジカメが欲しい。
他にもいろんなエフェクトや、最近のデジカメにはほぼ付いている
機能が備わっています。好きな車の写真を撮っているだけでも楽しい。


しかしフォトモードでも1つ問題が。
中古車ではフォトモードでは写真が撮れないという仕様。


gt5 (5)

中古車は、旧型車や普通のレースゲームじゃまず再現されないような
車がラインナップされています。これがGTの一番の魅力(個人的に)。


gt5 (2)

そのうえ中古車のほとんどは、運転手席画面でプレイすることができません。
ディティールがすごいのに勿体ない。全車種再現してたら完璧だったのに・・・。


旧車でどうしても写真が撮りたかったら
リプレイ中でも写真が撮れるのでそれを活用するしかありません。
フォトモードで用意された美麗な舞台で撮れないのが口惜しい・・・。


散々文句を垂れ流しましたが、なんやかんやで自分はやっぱりグランツーが好きなのです。
レースゲームはSFCのマリオカートが初めてのレースゲームで
その次に手をつけたのがグランツーリスモでした。小学生の頃から遊んでいるわけです。
色々とかゆい所に手が届いてませんが、それなりに楽しめてます。

最後にプレイ動画。
首都高の湾岸線そっくりなコースでプレイ。
なぜか日産GT-Rは、このゲームではランボルギーニガヤルドやフェラーリスクーデリアなどの
ヨーロッパのスーパーカーと同等の扱いのようです。



フェラーリに気兼ねなしにオカマ掘れるのもゲームだけ!

高速走行になると、コックピット画面でプレイするとひどく揺れる上に
車体が超不安定になるので、なかなか上手に乗りこなせません。

実際に300km/hも出したことないからわかんないけど
たぶんリアルでもこんな感じなんだろうね。
スピード出るとハンドル切るのが怖い。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。