このブログを見たら下痢。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Assassin's Creed: Brotherhoodのシネマティックムービー。
Cooool!!!

Brotherhoodは2のスピンオフ的作品で、シリーズ初の
マルチプレイモードに特化したゲームです。

1の頃は海外で発売された頃から、綺麗なグラフィック・自由度・世界観に
wktkを抑えきれず、ようやく日本でも発売が決定した時はうれしかったのに
ふたを開けて見れば、中盤以降から延々続く、同じ作業の繰り返しに嫌気がさしたので
2は未プレイです。2ではこの問題点が解消されたのでしょうか・・・。


だがしかしマルチプレイと聞いちゃ黙ってられねえ!





マルチプレイのイメージトレーラー。

まさに殺るか殺られるか。


マルチプレイでは最大8人でプレイ可能で、それぞれのプレイヤーは
暗殺者となり、決められたターゲットを先に暗殺すれば勝ちというルールらしいです。
当然このムービーのように、暗殺者は互いにライバルなわけだから
ターゲットを追いながらも、他の暗殺者にも注意を払わなければならなくなります。


ルールはこれだけではないようで、まだ明らかにはされていませんが、
マルチプレイおなじみのデスマッチ的なものもあるかもしれません。

他のゲームのマルチプレイモードとは異なる、アサクリ独特の
ゲームシステムを生かしたモードが実装されると面白そうですね。

マルチプレイなので、経験値システムやスキル等も実装される予定で
スキルには煙幕や、一般市民にカムフラージュするスキル、
スプリントのスピードアップなどがあるようです。

キャラのカスタマイズも豊富なようで、レベルがあがるごとに
カスタマイズパーツやマップ、プレイモードがアンロックされるようです。


Assassin's Creed: Brotherhood(PS3/Xbox360)
2011年11月6日発売予定(海外)



ここで気になるのが3部作のシリーズ完結作となる3ですが
発売予定は2012年とかなり先。2は結構早く出ましたが
3は主人公、世界観ともにガラっと変わるようです。

様々な憶測が飛び交う中、海外のアサクリファンがもっとも期待している
世界観は第二次世界大戦らしく、その次に人気なのが日本の中世期らしい。

出たよドンパチ好き・・・。ヒットマンでもやってればいいのに・・・。

1の謎のエンディングのせいで、散々期待されてきた日本をテーマとした
アサクリシリーズですが、3作目にしてつに忍者来たか!と思ったら
開発者がこれを否定しています。
どうやら当時の日本独特の世界観や、心理描写は日本人にしかわからないとの事。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。