このブログを見たら下痢。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


米軍がアフガニスタンを行軍中、突如敵兵から襲撃される映像です。
立場的には、隊長あたりの身分の兵士のヘルメットに
装着されている小型カメラの映像です。
非常に貴重かつ色々と痛感させられる映像となっています。

銃声とほぼ同時に状況を把握して、どこから撃たれているのか
どこへ身を伏せるのか、瞬時に行動できる兵士の洞察力がすごいです。

また隊長は、最後の最後まで身を隠さず、絶えず動き続けて
仲間に指示を与えています。銃弾がすぐそばをかすめているのに凄すぎる。

やっぱりリアルは、映画やゲームとはお話にならないくらいの
緊迫感で、この銃声ひとつひとつが命を奪うものなんだなと痛感します。
米軍では、FPSゲーマーを米軍の兵士に採用するというプロジェクトが
マジにありますが、きっといくら訓練しても、家で一人ぬくぬくと
FPSゲームをプレイしているゲーマーには無理だと思います。
現実ではリスポーンはできません。


※当然ですが、出血などのシーンは入っていませんのでご安心を。
コメント
この記事へのコメント
動物まで一緒に避難しててかわゆすなぁ
2010/04/04(日) 18:53 | URL | きゅべさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。