このブログを見たら下痢。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MH3が発売され、モンハンブームが過熱する今日この頃ですが
そんなブームに逆行する、いやむしろ先を行くゲームを最近プレイ中であります。

「the Hunter」
狩人ゲームです。
ん?モンハンのパクり?なんて一瞬思っちゃうかもしれませんが
このゲームで狩猟する獲物は「鹿」です。
うん、鹿。
火も噴きませんし、毒を吐いたり、空も飛びません。
奈良のお隣に住んでた私にはごくごくなじみの深いあの鹿です。

狩人は鶴嘴で鉱石掘ったり、骨や鱗を採取したりもしません。
装備はシカ笛とデジカメと双眼鏡と獲物待ちの時に
時間を潰すためのゲーム機(ブロック崩し)だけです。
うん、それだけ。

大きな剣や槍を担いだりもしません。武器はハンティングライフルです。
うん、ハンティングライフル。

そうこのゲーム、超リアル志向型ハンティングFPSゲームなんです。

めちゃくちゃ広大な自然公園のようなところに棲むシカをただ狩るだけ。
単純かつ奥の深いゲームです。
マップが広いわけですから、鹿がどこにいるのかもわかりません。
手掛かりとなるのは、「足跡」「糞」そして時たま聞こえてくる鹿の鳴き声。
この3つの要素と己の運だけを頼りにシカを見つけて狩るゲームなんです。

足跡を見つけると、大まかな予想行動範囲を立てて、その周囲を散策します。
そして新たな痕跡となる足跡を見つけ、ジワジワと鹿を追い詰めていく
なんとも地味でありながら、めちゃくちゃ新鮮なゲームです。

リアルで1時間山の中を歩きまわって、やっと鹿を1,2頭倒せるかどうか。
下手すれば痕跡すら見つからないなんてこともあり、かなりの忍耐力を試されます。
しかし追い詰めて、獲物を仕留めたときの達成感はそこらへんの
ゲームの比ではありません。それゆえに1発の弾丸にかける重みも違ってきます。
弾を外せばまた追跡しなければなりませんからね。

090803_201730_001.jpg
無料で遊べて次世代機に迫るレベルのグラフィック。
時間帯があり、時間によって鹿の出現率もかわり
天候の変化もあります。環境音もかなりいいので
ただ山を歩き回るだけでも楽しいかも。

まぁ基本無料で、有料にすればさらに広大なマップで遊べて
狩れる獣が増え、武器やアイテムの追加があるんですが
このゲームはアメリカ製です。課金はカードかあっちのお国のウェブマネーのみなので
課金は今のところできない状態です。でも十分遊べるんですこのゲーム。


ただでさえ重いエンコーダー起動でこのゲームをプレイしているので
すっごいカクカクしています。あとなぜかキャプチャすると
手と装備品のグラフィックが点滅してめちゃくちゃ見にくくなってますが
どうやら仕様のようですご了承ください。
あと動画内でゲーム名を「the hunting」と表記してますが誤りです。

実際に遊ぶ分にはヌルヌル動きますし、高品質なグラフィックで遊べます。
自分のしょぼい256のグラボでも動いたので、大抵のデスクトップPCなら
快適に遊べるはずです。導入方法はこちらから↓
http://www36.atwiki.jp/thehunter/

まだ稼働して数か月ですが、そのうちマルチプレイ対応予定らしいです。
協力プレイ出来たら個人的神ゲー認定!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。