このブログを見たら下痢。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
s-bio51.jpg
バイオハザード5体験版の配信が始まりました。結構早いですね。
北米マーケットプレースでの先行配信かと思ったけど、
珍しく今回は国内先行配信となっています。

s-bio52.jpg
遊べるステージは2つ、それぞれボスキャラ戦まで遊べます。
巨大な斧を持つ巨漢とチェーンソー男です。
また体験版でもCoopモードで2人で遊ぶことも可能です。

s-bio53.jpg
操作方法。
ボタンで射撃するという事に物凄い違和感を感じるんだけれども
これもXbox360でFPS・TPSをやり過ぎたせいなのでしょう。
構えてAボタンでリロードするんだけれども、最近やっているL4Dが
Bボタンリロードなので、そのおかげでよくボタンを間違えて
リロードする際に誤ってBを押してカモン!カモン!と連呼してしまうのです。

ちなみにBはCPUに指示を出すボタン。カモン以外にもあるらしいんだけれど
これしか知らない、っていうかCPUも結構立ち回ってくれるから
あんまり意味ないけどね。

s-bio54.jpg
Coopアリって事は終始この相方のオネイサンと行動を共にするんでしょうが
オフ専だとこのCPUの腕前によって、大きく難易度が変わってくるんだと思います。
1通りやってみたけどなんだかCoop必須な難易度な予感がしてならない。

ただでさえ苦手で難しいこのバイオハザードシリーズ。
今回はやけに弾が足りない気がします。
僅かな弾数しか落とさないせいなのか、敵の体力が多いのかは
わからないままに、プロパン等のオブジェクトを有効的に活用して
戦ってみるんだけれども、それでもボスは中々倒れない。

s-bio55.jpg
難易度が上がっているように感じられる要素の一つがアイテム選択。
4ならアタッシュケースを開くと戦闘が中断されて落ち着いて
回復したり、武器を整理できたんだけれども今作は違います。
装備選択中も戦闘は中断せず続きます。

そしてアイテムスロットがたったの9つ。少ねえマジ少ねえ。
4次元ポケット的なものがなくなって、リアルになったはいいけど
これで果たしてやっていけるのだろうか。手持ちに回復が
5つはないと安心できないチキンな私には不安でならない。

そしてもう一つが操作性。
動きがめちゃくちゃ遅い。カメラも360度回せないし
カメラ自体も動きが遅い。敵に接近されると
どこにいるか見失う事が多々あります。
緊急回避的なものはなく、のそのそと後ろに退くか
ダメージ覚悟で敵のすぐ側を駆け抜けるしかない。

まぁこれ以上アクション性を高めるとバイオじゃなくなるし
4のシステムとほとんど変わってないんだけど
360ゲーに慣れたせいなのか、違和感を感じます。

s-bio56.jpg
オフのCPUは持っているアイテムが無限ではありません。
自キャラと同じで有限で、落ちているアイテムは分け与える必要があります。
一応CPUも消極的ですが、アイテムを拾います。
しかし相方のアイテムスロットを常に確認した方がいいかもしれません。
アイテムのご利用は計画的に。

s-bio57.jpg

s-bio58.jpg

このように敵キャラに捕まった時は仲間を助けるアクションがあります。
一応自力で振りほどけるけど、今回は振りほどける時間が長くなったような気がします。

s-bio59.jpg
敵に致命傷を負わされた時は、身動きが取れなくなります。
GoWでいうダウン状態。まぁ自分の場合は
CPUに助け起こしてもらう機会しかないんだけれども
ハーブで治療もしてくれたり、ヘタレにとっては結構頼りになるんです。

s-bio60.jpg
でも結局は一番頼りになる生身の人間と
Coopプレイするのがベストなんですけどね。

・Coopプレイ動画その1

Biocoop1
Uploaded by jacky316


・Coopプレイ動画つづき チェーンソー戦(gdgdなため編集有り)

Biocoop2
Uploaded by jacky316


・さらにgdgdなソロプレイ 斧男戦

b5
Uploaded by jacky316
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。