このブログを見たら下痢。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DVC00055.jpg
ついにやってきたGears of War2。
アジア版を2本間違って予約しちゃった人が格安で
こちらに一本回してくれたものです(まだ払ってないけど^^;^)
それにしても戦争機器はマジねぇわ。英語のままでいいじゃん。

さっそくCoopモードでストーリーをクリアしたわけですが
もうなにから話したらいいのか・・・。とりあえず

とにかくボリュームがデカイです。


キャンペーンは前作の約2倍。そしてとにかくスケールがデカイ。
前作がB級映画だとすると今作は数億ドル使って製作された超ド級映画。
なにもかもが前作とは比べ物にならないくらい進化しています。
Epicの本気を超えた本気を垣間見た。
まずはストーリー。
面白い。前作の比じゃない。そしてとにかく長い。
話の内容が詳しくはわからないのが残念ですが。
また今回はアクション色がかなり強くなっていると思います。
トラップや仕掛け、ボスでのイベント、様々な乗り物に乗れたり。
今回は特にこの「乗り物要素」がかなり凄いことになっているので
是非皆さんには体験していただきたいです。

グラフィック。
gow21.jpg
前作でも他を寄せ付けない圧倒的なグラフィックでしたが
今作はそれにさらに磨きがかかっています。
キャラクターの顔もより生きいきとした顔立ちとなっ・・・て?

gow22.jpg
・・アーニャ美人になりすぎフイタ。
前作では一人だけ旧世代グラフィックで冷遇されていた
アーニャが今作ではやけに力の入ったグラフィックで帰ってきました。

さらに今作ではBFバッドカンパニーとまではいきませんが
さまざまなオブジェクトが破壊できます。たまにカバーできる
障害物なども敵に破壊されることもあります。

次武器
gow23.jpg
前作はほんの数種類でかなり物足りない武器でしたが
今回はそれなりに増えて、デザインに変更が加えられ
武器の使い方も変わりました。
ローカストライフルはセミオートなピストルのような感じになって
HSも狙える使いやすい武器へと変わりました。

グレネードには通常、スモークに加えてインクグレネードという
毒ガスを出すグレネードも追加されました。
またグレネードは、壁を殴ると壁に差し込んで
そばを通ると起爆するという地雷のような使い方を
することも可能になりました。意外と使えます。
gow24.jpg
また重火器というジャンルも追加されました。
持ち運び可能なガトリングガンと迫撃砲です。
小型、大型関係なく威力を発揮する武器ですが
移動が遅く、前転もできないので拾って移動するときは
近くに敵がいないことを確認しないとハチの巣にされます。

gow25.jpg
ダウンした相手への様々な追い打ち攻撃も追加。
マウントポジションでフルボッコ、銃器での殴打に首折り。
演出や効果音のおかげで非常に豪快です。

今回はダウンしても這いずりまわる事ができるので
運が良ければ、最前線の中でも仲間の元まで自ら移動して
助けてもらえることもあります。
キャンペーン中でも敵は処刑してきますので油断はできません。

今回はCPUキャラも助け起こしに来てくれます。
ソロプレイはやってないけど、前作はダウンなしで即死亡だけど
今回はダウン有りかもしれないね。
また敵がダウンしても他の敵が助け起こします。
ローカストのくせになまいきだ。


gow26.jpg
敵のバリエーションも豊富になっています。
前回はセロン・ガードみたいなドローンのパワーうpバージョン
なんかも出てきたけど、今回はそのさらに上のリーダーや側近クラスも出てきます。
リーダー格はバーストハンドガンを装備し、攻撃を横っ飛びで回避したり
なかなかに素早い敵キャラです。またさらに特殊能力で
リーダーがマップ上にいる場合は、ローカストがノックダウンすると
スーパーサイヤ人みたいに発光し出して復活します。

「サイヤ人は地獄の淵から蘇るたびにさらに強くなるのさ。」

とまではいかず、ただ起き上がる根性を見せるだけです。


gow27.jpg
大型ローカスト、ブーマーにも様々なパターンが追加されました。
ブームを装備した通常ブーマーに加え、シールドを手にして
巨大なハンマーを振り回す近距離タイプのブーマーに
ガトリングガンや、火炎放射器を装備したブーマーも現れます。

また今回はクモ型ローカスト・コープサーや、重火器を装備したブルマック
などの超大型クラスに、イカのような形をした飛行型ローカスト・リーバーの
ボスクラスのローカストも加わりました。そしてさらに超大型ローカストを
さらに上回る超ド級クラスのローカストも出てきます。
ネタバレになるのでなにかとは書きませんが。

他にも書きたいことは山ほどあるけれどもとりあえず今日はここまで。
一通りやってみたけど、これがなんで日本で発売できないのか
よくわかりません。別に全然グロくないですよ。いやグロイけど
前作とあんまり変わらない。いったい何が障害になっているのやら。
でもこれはアジア版買ってでもプレイする価値は存分にあります。
前作をプレイした方々は是非一度進化したGears of War2を体験してみてください。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。