このブログを見たら下痢。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひっさしぶりの更新だよー。
もうブログを更新できるほどのモチベないからこんなペースになると思います。


DSCF2600.jpg

久しぶりにホットトイズを購入したのでアップ。

今回は宇宙を駆け巡る生粋の狩人、プレデターさんです。
映画「プレデターズ」で、スーパープレデターに捕まっていたクラシックプレデターと呼ばれる種類で
1作目に出てきたプレデターとほぼ同じモデル。


DSCF2614.jpg

例によって1/6サイズなので、人間モデルと並べてみてもこの大きさ。


DSCF2615.jpg


人間モデルでも特に大きいシュワちゃんでもこのサイズ感。
作品は違えど、1以来の共演。


DSCF2610.jpg

ガタイがよく、かなり重いので自立することが難しい。
また関節が非常に硬いので、自由なポージングができません。


DSCF2601.jpg



マスクにはプラズマキャノンのレーザーサイトのライトアップ機能付き。
残念ながらレーザーポインターにはなっていません。ただ光るだけ。


DSCF2608.jpg


特徴的なドレッドヘアはゴム製で、さわり心地がいい。


DSCF2604.jpg

ガントレットについたホログラムもライトアップ可能。
これが出来がよく、それっぽく見える。


DSCF2606.jpg
DSCF2607.jpg

リストブレードは金属製で重厚感があります。
ブレードは可動し、収納したり出したりできます。


DSCF2612.jpg

「なんと・・・醜い顔なんだ・・・」

マスクを外せば、凶悪なお顔とご対面。

DSCF2613.jpg

この牙がかなり鋭く、マスクを付ける時はこの牙と下顎のパーツをはずす必要があるのですが
抜き取るときにブッスリ指に突き刺さり出血しました。


映画だと終始透明だったり、画面が暗かったりでどういう造りになってるのか
よくわからなかったりするのですが、資料を元に精巧に作られているので
いろいろな発見があります。ホットトイズは、特に細かい部分までかなり
こだわりぬいて作られているので、そういう面でも楽しめます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。