このブログを見たら下痢。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
s-DSCF2204.jpg

全Xbox360ユーザーが待ち望んだ360最期の希望であるGears of War3がとうとう発売されましたね。
余裕のエピックエディション購入。どんだけフィギュア集めるの好きなんだよ。

s-DSCF2205.jpg

付属品はフィギュアと、アートブックにGoW3リミテッドエディションとおなじもの。
バックボード付き。いかつい、いかつすぎるぜマーカス。

s-DSCF2207.jpg

収集中のホットトイズと同じく1/6スケールなので、ランサーもこの通りバッチリ。
相変わらずこの人にはなにやらせても、持たせても違和感がない。



gow3_20110925155346.jpg


1が出たころにはいつになったら完結するんだろーなんて思ってたら、もう発売しちゃったんだね。
思えば早かったです。GoW1のプレイ時間が一番長かったですが今回はどうでしょうか、楽しみです。
決して2が面白くなかったわけではないですが。1はひたすらWarzoneやってた記憶があります。

今回はようやくキャンペーンモードが4人Coopに対応。
キャンペーンを4人でできるゲームってのは、実は本当に少なくこういうゲームは貴重です。


gow31.jpg

序盤の敵はランベントローカストです。
2でチラッ出てきたイミュリシオンに浸食されたローカストの突然変異体ですね。
1でも発光性のレッチが出ていましたが、あれと同じですね。爆発もするし。
2の終盤では、ローカストと内戦していましたが、今作ではランベントの勢力が大きくなっているようで
ローカストは地底を追い出されたみたい。なんだかかわいそうなローカスト。
今回はそのランベントとローカストと人間の三つ巴戦。

gow34.jpg

ストーリーはマーカスとドムとゆかいな仲間達、コールとベアードとゆかいな仲間達に
わかれて同時間軸で話が進むようで、Act1の終盤にようやくローカストが出てきます。

とは言ったものの、まだAct1を終わらせただけで、ひたすらHordeと対戦をやっています。
この先合流するのか、いや合流してほしいんですけど、どうなるのか非常に楽しみです。

gow33.jpg

武器もいろいろ増えてます。パワースーツ的なシルバーパック。
移動式タレットといったところでしょうか。

gow37_20110925155354.jpg

ランサーの旧式、レトロランサー。
チェーンソーのかわりに銃剣がついていて、相手に突進して突き刺す事ができます。
武器アイコン下のゲージがスタミナです。スタミナを消費してローディランで突っ込みます。
雄たけびをあげながら敵に向かって突進する姿は、さながら旧日本兵のバンザイ突撃。

gow36.jpg

かなり助走をつけないと突けないので
ある程度距離がいりますが、それほど狙いを定めて走る必要もなく、
大雑把に突っ込んでも、ダイソンよろしく吸引してくれるのでブっ刺してくれます。
スモークを焚いて、煙幕の中から突進するのが効果的。


gow35.jpg

ショットガンの新武器、ソードオフショットガン。銃身の短いショットガンです。
威力は絶大で、大型ローカストまでならすべて一撃で粉砕します。
ただし連射はできず、リロードが遅く、射程がほぼ0に等しいです。
それでも使う魅力がこの武器にはあります。2,3体巻き込んで倒せた時の爽快感は異常。


他にも様々な新武器や、アクションが追加されていますがそれはまた後日。




おまけ
s-DSCF2215.jpg

「新デルタ部隊へようこそ。」
ローカストを全滅させる事ができる程度の能力。


s-DSCF2219.jpg

マーカスの人相悪すぎて、ローカストがしょんべん漏らすレベル。
というかそこはかとなくローカストに似ている。気のせいか。とりあえず眉毛がおかしい。
ホットトイズ製と比べるとさすがにクオリティでは負けてます。
肌の質感とか顔の造形の次元が違う。ホットトイズからGoWシリーズフィギュア化したら間違いなく買うんだが・・。

s-DSCF2216.jpg

よしっプランBでいこう。
スポンサーサイト
http://www.sony.jp/hmd/index.html


やばい、めっちゃ欲しい。


むかーしからヘッドマウントディスプレイに興味があって
事の発端は、「エナジーエアフォース」という、タイトーのフライトシミュレーションゲームで
(同社製の「電車でGO」の戦闘機版、要するに超リアル設定のフライトゲー。)
当時そのゲームにハマっていた私(当時中3)は、そのゲームがヘッドマウントディスプレイなるものに
対応していることを知りました。それを使うと、眼前に映像が出力され、顔を動かすことで360度見渡せるというのです。

もう超仮想空間。超ヴァーチャルリアリティ。ヴァーチャルボーイなんていらんかったんや!

早速ネットで調べたのです。


まるでSFアイテムのようなそれは、厨坊心を激しく刺激し、すげーなーいいなーほしいなー
なんて思ってましたが到底買えるような値段なわけがなく、そのまま10年の月日が流れ・・・


今日たまたまふとHMDホピィ!なんて思って色々調べてたら、SONYの新製品を見つけた。

技術の進歩ってすごいなー、当時の製品とは比べ物にならないくらいハイクオリティ&スタイリッシュ。
加えて5.1chサラウンドヘッドホン付きだなんて・・・。

しかも有機EL、3D対応で6万!?安すぎませんか。30万する3Dテレビって一体・・・。

こりゃHMD用に貯金して買うしか・・・。わりと本気で。

問題は、残り少ない視力を一気に持っていかれるかもしれないって点。

ネットに転がってる製品発表会での体験会やデモのレビューを見る限りでは
映像そのものや、3D具合は正しく装着さえすれば、かなりいいみたい。
とりあえず梅田でやってる体験会に行って実際に付けてみるしかないな。
s-ac0.jpg


エースコンバットアサルト・ホライゾンの体験版がきていたのでアップ。

体験版には戦闘機デモとヘリデモが収録されていましたが今回は、戦闘機デモを紹介します。


s-ac1.jpg

今作のコンセプトである「超音速でのドッグファイト」を体験できるドッグファイト・モード(DFM)

敵機に背後から接近するとDFMに切り替える事ができるので任意で切り替えます。
ただし敵エースパイロット機は、通常モードではほぼ撃墜不可なのでDFMでの戦闘が要求されます。

たしかにスピード感は今までのフライトゲーでは群を抜いています。
あまりに速過ぎて、うまくコントロールできないレベルです。
ただしDFMになると、ある程度敵機を自動で追尾してくれるようです。
それでも、視点が自機後部近距離にカメラが固定されるので、敵機を見失いやすいです。


s-ac2.jpg

DFMによる機銃攻撃。
これほどフライトゲーでの、機銃戦闘が爽快だった事があったでしょうか。
今までは弱くて、全く当たらず、ミサイル切れした後の最終手段だっただけの機銃ですが
今回は非常に楽しい。あえて機銃で落としたくなるほど。


s-ac4.jpg

敵機もDFMを仕掛けてきます。
敵のロックオンサークルを避け続けることによって、切り抜けることができます。


s-ac3.jpg

またDFMを仕掛けられても、急減速することで敵機の背後に回りDFMによるカウンターを
仕掛けることができます。減速するだけで簡単にカウンターができちゃいますが
カウンターをする度に、使用できる間隔が長くなっていくので連続での使用ができないようです。


プレイ動画

※9/19追記 HD画質版に差し替え、撮り直しました。



DFMによる戦闘はとにかく新鮮で爽快で、今までのフライトゲーに足りなかった
スピード感を体感させてくれます。おかげでダラダラ飛び続けることなく、
戦闘を楽しむことができます。トムクランシーシリーズの「HAWX」でも
個性的なシステムがあって楽しめましたが、こちらの方が自分が求めていた
フライトゲーに限りなく近いです。


Nintendo3DS用ソフトモンスターハンター4のティザームービー。


モンハン逝った・・・


とうとうナンバリングタイトルが携帯機で出ちゃった・・・。


なんのためのP(ポータブル)シリーズだよ、意味がわからない。
WiiUとかで出すならわかるけども・・・PSVitaですらない3DSで・・。


面倒だったのか、無理やり3DSにねじ込んだからなのか、3DS向けに操作を一新するわけでもなく、
モンハンのためだけにわざわざ拡張パッドまで開発してるし、やる気あるのかないのかわかりません。


どうやらカプコンはモンハンを意地でも次世代機向けに開発する気はないようですね。
頑張ってMHFですか、そうですか。まぁわざわざ何十億という開発費を投じて
国内でしか売れないタイトルをコアはプラットフォーム向けに開発するより
普及率の高い携帯ゲーム機向けに開発した方が売れるし、儲かりますしね。

MHP3HDなんてほとんど開発費かかってないという噂で、それでも50万近く売れたようですし、
ただの焼き直しでこれだけ売れるとか、カプコンにとっちゃ笑いが止まらないでしょうね。


どうやら次世代機向けMHはどうやら本当に幻のままに終わりそうです。
国内でしか売れないことを悔やむしかありません。
MH3からお子様向け・ライトユーザー向けに方向転換したおかげで
MHP3も超絶にクソゲー化したし、モンハンの行く末が心配です。



さぁそんなモンハンのナンバリングタイトル最新作。どれほど進化したのか。
いざ動画を見てみると、なんだかいつものモンハンよりも、だいぶアクションしてて
新鮮に感じていいんだけれども、こういう方向性をコンセプトとするなら
かなり別ゲーになる気がします。モンハンは従来通りの泥くさい感じで、
テンポの悪い、ただ淡々と狩りに勤しむ作業ゲーのままでいいと思うんですよ。
それこそがモンハンの醍醐味なんですよ。変なアクションはいらないと思います。


あとモンハンて4人プレイじゃないとただのマゾクソゲーだけど、3DSはどうなるの?

pp111.jpg


7月の発売日に買って、一度起動して以来今日まで積みっぱなしで

まったく遊んでなかったパワフルプロ野球2011をちゃんとやってみたよ。




パワプロなんて最後にやったのがパワプロ13辺り。5,6年はやってない。

しかしPS3でパワプロをやってみたかったので購入。(前作2010は酷評すぎてスルー)



p115.jpg

やはりPS2に比べればだんちに綺麗。

観客もちゃんと作られてる。


p114.jpg



他にも様々な演出が追加されていたので真新しい。


p112.jpg

パワプロと言えばオリジナル選手を作る「サクセス」モード。

やはりサクセスは高校野球編が一番面白い。(個人的ベストはパワプロ9のサクセス)



p116.jpg

そんなサクセスで育成中の高校で甲子園優勝したんだけれども、校歌が大変なことになっていた。

これは負けた高校は相当の屈辱。

決勝~校歌 プレイ動画




校歌が個性的と言えば、今年の高校野球でもなかなかアレでアレな校歌を
全国ネットで晒されていたわけですが、これは相手も自分も見ている人もかなり恥ずかしい。




NHKの中継動画が見当たらなかったので別の動画で。
今年出場した愛知代表の至学館高等学校の校歌です。
なにこれめっちゃ恥ずかしい。罰ゲームだろもはや・・・。
ちなみに甲子園では見本バージョンの校歌が流れていて、さらに精神的ダメージがでかかったです。
Zoome終了のお知らせで、もうようつべくらいしかブログ用動画をアップする
ところが見つからないので新アカ作ってみたら、昔に比べりゃかなり環境向上してた。
数GBクラスの動画までアップできる上に、15分までの長さの動画がアップできるようです。

こりゃこれからここでお世話になりそうです。



最近ふとバイオマーセをやりたくなったので、その時のプレイ動画をうp。
DUOのお相手は、見ず知らずの方です。野良。

reuni.jpg

野良プレイで怒涛のタイムリミット9分維持。
まぁこの後ケファロ祭りでコンボ中断。
コンボが60くらい続くとコンボが切れる寸前に、マジニを倒すとかなりの確率で
ケファロが出てくるのが本当に腹が立つ。ゲーム側が本気でコンボ中断させようとしてくる。
zoome(笑)逝ったああああああああああああ

まぁ、有料サービスになった時点でもうダメだなと思っていたけど
知らぬ間にZoome息してない。

Zoomeが8月末でサービス終了しました。
ブログの記事を書く際いろいろと世話になってましたね。
しかしサービス終了することを知らなかったので
アップした動画をサルベージすることもできず全部ネットの海の藻屑に。
たまーに見返したりしてたんだけど・・・ちょっと残念。


昔はYou tube、デイリーモーションにプレイ動画などをあげていたが
あまりの糞画質に、どこへ逃げようかと検討中に大容量で高画質、
なおかつ長時間の動画をアップロードできるZoomeを見つけ、
以来ずっとそこへ投稿していたのだが・・・。

ニコニコ動画は、ブログ用のお手軽動画なんかアップしてたら
コメントが勝手に付くし、気にしなければいいんだけれどもやっぱり気になる。、
これからどこへアップすればいいのやら・・・。

Youtubeも画質に関したらだいぶ改善されたっぽいが、
しかし未だににあそこって10分以上の動画アップできないんだろうか?
だとしたら候補はもうニコ動しか残っていない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。