このブログを見たら下痢。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
s-DSCN0273.jpg

突発的にアクアリウムを初めてそろそろ2か月。
奇跡的に1匹も死なず、みんな元気に育っております。
そんなわけで、慣れてきたので水槽を20cmのキューブ水槽から
30cmキューブ水槽に移行しました。

s-DSCN0305.jpg

簡単な石組と水草のレイアウトもしてみました。
水草を植えるのがめちゃくちゃ重労働。


s-DSCN0300.jpg

水槽も大きくなったので、新しいお魚も入れてみました。
まずラスボラ・ヘテロモルファという鯉の仲間。
いつも5匹、群れで泳いでます。
鯉といってもメダカサイズですが、鯉だけあって食欲がやばい。
餌をあげた瞬間ものすごい勢いで食いついてきます。

s-DSCN0309.jpg
前から飼っているゴールデンハニーグラミーは
餌を取るのが非常にへたくそなのです。
食べようとしてるところを、ラスボラに全部取っていかれるので餓死しないか心配です。


s-DSCN0311.jpg
手をかざすと寄ってくるグラミーまじかわいい。
とりあえずこんな感じで、ダイレクトに口元に餌落して現状打開。
それでも大半をラスボラに持っていかれる。自重してください。


s-DSCN0283.jpg
次はアークレッド・ペンシルフィッシュ。
鉛筆のように細長い体が特徴の魚。
水草を植えるとどうしても苔が発生します。
ペンシルフィッシュはコケを食べてくれるので
対コケ用魚として導入しましたが
全然食べる様子がありません。餌のほうがおいしいみたい。

s-DSCN0282.jpg
ブラックモーリー。カラフルな魚がいる水槽に導入すると
真っ黒で意外と目立つ。この魚もコケを食べる魚です。
しかしやららかい水草ばかり食べようとしやがる。

s-DSCN0286.jpg

モーリーさんにいじられたキューバパールグラスのみなさん。
せっかく植えたのに荒らすだけ荒らして結局食べずに
コケも食べてくれない・・・。なんなの・・・。

s-DSCN0289.jpg

最後にオトシンクルス。どじょうの仲間。
結構気に入ってます。かわいい。
こいつもコケ対策の魚。こいつはコケしか食べない。マジオトシンクルス△

s-DSCN0299.jpg

水槽面についたコケや草や岩などについたコケを吸盤状の口で
なめとるように召し上がってるようです。


結構増やしましたが、特に問題もなくみんな仲良くやってるようです。


s-DSCN0306.jpg

前の20cm水槽はベタ用にしました。
さすがにあんなちっちゃな器じゃ可哀想だものね。

s-DSCN0308.jpg

写真を嫌がる思春期のように、カメラをかまえると
とにかくぴゅーっと反対側へと逃げてしまうので
逃げてる時に水草にハマッた時しか写真を撮れなかった。

5分くらい粘ったけど
カメラ構える→反対側へ逃げる→反対側に回り込んでカメラを構える→
反対側へ逃げる以後ループ。

こんなシャイな子だったなんて・・・。
スポンサーサイト
昔は年末と言えばイベントづくしで、毎日がわくわくどきどきの
アドベンチャー的冬休みを送っていたものですが、今年はというものの
気づけばクリスマスに誕生日(27日)が過ぎていたもので
なんともあっけなかった訳ですが、このままでは大晦日お正月も
ものすごい勢いで過ぎて行きそうで、時間の流れの速さを大人になると実感するわけです。
一日一日を大事に過ごしたいものです。



そんなわけで珍しく連休だったので大事に過ごした結果が年賀状の片付け。

とりあえずまぁ、初見さんの年賀状は書き終えることができたのですが
ここで残念なお知らせ。
まず、元旦には届かない可能性が大ということ。申し訳ありません。

そしてもう1つ、某みるくさん・某ボスさん。
お許しくださいッ!まだ描いてません・・。
届くのは三が日が過ぎてからになりそうです。
今回は初見さんを優先したので、お知り合いの方を後回しにする
形になって本当に申し訳ありません。

っつーわけで明日から大みそかまでには完成させようと思います。
まだ一枚も年賀状を描いていない件。

このままではそろそろマズい。あと5日しかない。

あんだけ余裕持って募集したのになにやってたんだって
思うかもしれませんが、やっぱり社会人になると学生とは違って
絵を描く余裕なんて全くないことを実感しました。

特に最近の忙しさがヤバイ。マジモンハンとかもやってるレベルじゃないくらい。

大体今まで身内向けの企画だったんですが
今回は初見さんも結構参加して下さっているので
さすがに描かないわけにはいかない。

とりあえず次の休みに全部描くつもりなので
残念ですが今回はかなりお粗末な年賀状になってしまうと
思いますがどうかご容赦ください。
mhp33_1.jpg

なんか一際目の引くイベントクエストがあったので。

MHPシリーズでは定期的にイベントクエストが配信されていますが
今回もそれは健在。というかイベクエでボリュームや難易度を
底上げしてもらわないと、今回はボリューム不足低難易度が否めないので
どんどん配信していただきたい。

mhp33_2.jpg

依頼主は アガサ博士 発明家の老人。

某少年もいるようであれば、キック力増強シューズとやらを
マックス出力すればモンスターも壊滅できそうです。


mhp33_3.jpg

クエストをクリアすると少年探偵団の証とやらを入手できますが
これで作れるのが、オトモ用の装備。なんとも残念な結果と仕上がりです。






やってみたかっただけ。
dobolm.jpg

MHP3初登場モンスターの中で特に異彩を放っていたのが
ドヴォルザークもといドボルボルグです。

このモンスター、グラビモス並の巨体なのに
巨大な尻尾をブンブン回して、その遠心力を利用して
数十メートルも飛び上がってボディプレスをかましてくるんです。





無駄に壮大な編集お許し下さいッ!
師走というわけで毎日帰宅が23持くらいで、PSPとアドパを起動する頃には
みんなやり疲れてぐったりしてるか、解散してみんな寝ているわけで
なかなか満足に遊べていないわけですが、なんやかんやで集会所は無事に上位に。

mhp32_1.jpg

さてMHP3看板キャラであるジンオウガをやってみました。

闘った感想としてはナルガベースのラージャン風味。

巨体に見合わずぴょんぴょん跳ねるわ宙返りするわで
すぐ画面から見切れてしまって見失います。
おもな攻撃方法は高速で間合いを詰めてタックルしたり
ラージャンのような連続パンチ、
曲射する電撃球を撃ってきたりもします。
ティガナルガベースとは言っても完全オリジナルモーションです。

mhp32_2.jpg
普通のモンスターは何度か攻撃したり部位破壊すると怒りますが
ジンオウガは怒りません。かわりに「超電雷光虫」という
厨二的ネーミングセンスな虫を体に宿して、電気を蓄えるために充電し出します。
充電が完了すると、通常のモンスターで言う怒り状態となり
攻撃スピードが上がり、攻撃回数が増えたり新たな攻撃を繰り出してきます。

何度かダメージを与えると、放電が解除され通常状態に戻ります。
言ってみれば攻撃を与える事ができなければ、常に怒っている状態というわけです。


プレイ動画





いやーまじでキャプ画面ちいせぇ・・・。
s-DVC00143.jpg

さぁ舞台は整った。


並ぶのが嫌で昼過ぎに予約先の梅田ヨドバシまで行きましたが
レジ前がMHP3予約者専用の長蛇の列となっている異常事態。



mhp3_01.jpg
MHでは二度と男キャラを選ばない、それが俺のジャスティス。
今回は名前に漢字ひらがなが使えるようですが
名前が英語の僕ちゃんには関係がなかった。
全角文字使えるのに、英語使ってる人って痛い気がする。
まぁ本名系ローマ字よりマシか・・・。
いずれにしても自分に該当するんですけどね。


mhp3_1.jpg

今回はオトモが2匹つれていけるのでソロでも結構楽です。
まぁどちらかというと囮なんですけども。
それでも勝手に採集とかしてくれるのですが
普通に紅蓮石とかドラグライトとか拾ってきてくれるので助かります。


mhp3_2.jpg
やっぱり最初はくまなく採集するよねー。
これが楽しいというかなんというか。特に複数人初見プレイときは。
でもある程度落ち着いたら植物系なんてまず採集しない。
石か虫くらいです。

さてモンスターの方ですが
トライをやっていない自分にとっては、すべてが新モンスターなわけですが
今回はP3で初登場した2匹の牙獣種のプレイ動画でご紹介。


mhp3_3.jpg

ちょっと凶暴ハチミツ大好き青いプーさん「アオアシラ」


mhp3_4.jpg

プール掃除でおふざけする小学生のように器用に雪上を腹で滑る「ウルクスス」


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。