このブログを見たら下痢。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
s-bw.jpg


ラグーン。


例の如くポケモンブラックホワイトの女主人公を、性格悪そうに描いてたらレヴィになっていた。



実に7か月ぶりに絵を描いた。
絵を描く時間も気力もなかったけど
勘が鈍っても困るので久しぶりに描いてみたら
まともに描けなかった。



そしてブラックすぎるポケモン実写ムービー。
世界観が最高、ツボすぎる。
だがしかし主人公もうちょっとまともなの
キャスティングできなかったのか。
そしてコイル・・・。ぬいぐるみ・・・。


よくよく考えてみると、ポケモンって残酷だよね。
絶対PETAあたりが黙っちゃいない。
スポンサーサイト
s-dr05.jpg


発売5日前にて新情報。
様子見予定だったデッドラ2ですが、2人Coopできるようですね。
これはかなり悩む。

1の頃から、映画のようにショッピングモールを
4人でサバイバルできたら、おもしろいのになーなんて思ってたのですが
2人とはいえ、キャンペーンをCoopできたらそれはそれで楽しそう。

CASE:0も結局未プレイですが、これは非常に悩みどころですね。
ただでさえ遊び時間もないのに、もうすぐレッドデッド・リデンプションも
控えているしどうしよう。
お盆、ましてや夏休みもとうに終わっているのに、相変わらず忙しい。
なんだかこの忙しさのまま12月の繁忙期に突入しそうで怖い。
そろそろ今月のお給料日なので口座を確認してみると、
先月もらった分を、ほとんど消費してしまったことに気付いた。

テレビや家具を買ったとはいえ、せこくせこく買い物してたはず。
いったいなにに使っているんだといろいろ考えてみたら・・・


s-DSCN0195.jpg

服だった。
たった1か月で買いすぎだろ・・・どうみても・・・。
実はまだ小物とかズボンとか色々あったりする。


あれだけ暇を持て余していた大学生活とは打って変わって
休みの日は、とりあえず外に出かけないと落ち着かないようになってしまった。
たまにどこにも寄らずひたすら電車に乗り続けていることもある。
なにがしたいんだろう自分。

出かけるとなると、行先は自然とヨドバシか洋服屋さんになってしまいます。
ヨドバシだとほしいものが高額なので、なにも買わず見るだけで終わりますが
洋服屋さんだと、そんなに高くないので欲しいものがあれば
つい手が出てしまって買ってしまう。それが積もり積もってこの結果。
1か月に15着も買ってどうすんの。

まぁ一番の問題は・・・

こんなに買っても、外が真夏並みなので着れないってことです。


いくら暑くても、服屋は知ったこっちゃありません。
夏物を処分して秋物ばかりを売ってきます。


もう10月です。高気圧さんいい加減にしてください。
早く重ね着させろ。
もう最近は暑くても無理して着てる。
s-imas1.jpg


実はPC修理依頼して、5日というものすごい速さで帰ってきてたのですが
色々PCにインストールしたり準備したりで、放置しておりました。
ぶっちゃけると初日にちょこちょこっと触っただけで、以後埃をかぶっていたアイマス。




[アイマス日和]の続きを読む
ht.jpg

おうちにグラサンの似合うお二人さんがやってきたよー。
普段は殺気立つお二人ですけれども、今回は快く写真撮影に応じてくれましたー。


[黒い奴ら]の続きを読む
s-DVC00142.jpg


発売当初から散々毛嫌いしていたけど
発売して3年、ついにアイマスにジャッジメントを下すときが来たか・・・。



ギャルゲーには拒絶反応を起こすあてくしですが
一応このゲームは育成シュミレートゲーなので
どれだけ面白いのかやってみる事にしようそうしよう。


残念ながらデスクトップがお亡くなりなって、現在修理中なので
キャプチャしたりはできませんが、修理して帰ってきた後も
飽きたりしてなかったら、プレイ日記を書いてみよう。
van1.jpg


ヴァンキッシュの体験版が来ていたのでプレイしてみた。





van2.jpg


見た目はハイスピードなギアーズとロスプラを足して
そこに男心をくすぐられる様な、面白要素を詰め込んだという感じでしょうか。
本作はもっと増えてほしい国産TPSですが、やはり海外のGoWやHalo、CoDなどの
一級品シューターゲームと比較するとやはりチープな感じはぬぐいきれません。

しかし本作の見どころは、緩急付けた戦い方ができるという点でしょう。


s-van7.jpg

緩急の「急」ブースト移動。
いっきに敵の間合いを詰める事ができます。
高速で間合いを詰めて、ショットガンなどの近距離武器や近接格闘で倒すなど
見た目の楽しさだけでなく、戦略の幅が広がります。


van4.jpg

次に「緩」スローモーション効果。
回避動作中に、発動させることができます。
また一定ダメージを食らい、瀕死になると自動的に発動します。
ダメージシステムは、ギアーズと同じく攻撃を食らうと画面が赤く染まっていきます。
瀕死の際のスローモーション効果中に、敵に攻撃されると死亡するというシステムのようです。


van3.jpg

近接格闘はかなりの威力。雑魚なら即死。
持っている武器によってアクションが変わります。

これらのシステムは、全て1つのゲージ(画面右下)を共有しており
発動できる時間が決まっています。
使い続けると、スーツがオーバーヒートしてしまい一定時間使えなくなります。
近接攻撃においては一撃出すだけでオーバーヒートします。


ちなみにこのスーツ、空気よりわずかに重く鋼より硬いという

トンデモスーツだそうです。これでも一応近未来の地球が舞台です。


van5.jpg

最近流行りみたいなアクションコマンドも健在。
ベヨネッタでもそうでしたが、入力タイミングが非常にシビア。
ベヨネッタより鬼畜です。早すぎます。



van6.jpg

コマンドに成功したら、E3トレーラーでもちょっと映ってた印象的なシーンの続きが見れます。



プレイ動画



遊んでみた感想としては、やはりベヨネッタと同じく、魅せゲーな気がします。
いかに格好良く戦えるか。そんな感じです。
どこかTPS要素だけを見てみると、ありふれた感じで
安っぽい感じはしますが、緩急付けた戦いは新鮮で面白いです。
DVC00136_20100903230840.jpg

8月は頑張ったので、自分へのご褒美(笑)として
ついにあてくしも液晶テレビを買った。
テレビ台はまだ届いていませんが。


REGZAの32型です。
家にあるアクオスより鮮やかで綺麗だった。
数年前に買ったリビングにあるアクオスは32型なのに23万もしてた。
でも技術の進歩と時の流れとは残酷なものね。
これ52,000円だった。

とりあえずまずはHDMIケーブルを買ってきて
どれだけお美しいのか確かめてみたいですね。

そしてあとはPS3購入でトルネとブルーレイ環境を揃えばパーペキね!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。