このブログを見たら下痢。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
s-gutter.jpg
↑この前虫っぽい狩猟笛の模型作りたいっつって
頼まれて描いたこの虫笛だけど、先日その友人のお家に行ったら

fue2.jpg
本当に作っていた!まだ途中らしいけど。
なんか自分が描いたものが、立体化されるってちょっと感激。

fue1.jpg
自分で立てないオウビートに持たせてみた、というより押しつけてみた。
スポンサーサイト
s-ecya1.jpg
暇つぶしになる面白いゲーム教えてもらった。
「キャッチフィーリング」
一人がお題の絵を描いて、他の人がなんなのか当てるというただそれだけのもの。
ただ一つ特徴的なことと言えば、これを作っているのは一般ユーザという事。
フリーウェアで、みんなで自由にお題をカスタマイズできちゃうんです。
そのため出題されるお題も中々普通じゃありません。
お題はユーザから提供され続けるため、ネタ切れすることがない程の膨大なお題の数。
変わったお題が出まくるため、珍イラスト・珍回答続出。
上の絵は果たして何なのかわかったかな?

s-ecya.jpg
お題辞書には色々な分野があり、「ゲーム・アニメ」「2chAA」等々一風変わった
お題も出題する事ができます。ただしマニアックすぎて誰もついていけない。
上のは「MH」関連のお題辞書を使った場合。お題が地味すぎる。
強化途中な武器名ばっか出してきやがる。

そして一番いろんな意味で盛り上がるのが「シモネタ」関連のお題。
ここでは公開できないほど、卑猥な絵を描きまくりやがったので自重します。


プレイ中の一部始終。
下の回答欄の文字が見えないかもしれませんが、雰囲気だけでも感じられるかと。
倍速にしてありますが、皆さんも一緒に当ててみてください。
気になった人はいますぐインストールだm9^^
8人プレイが可能だよ!
Gears of War 2日本語版最終決定項目。
・既に有料で配信されている、またはこれから配信される
マルチプレイ用追加マップ合計12種類が最初から収録。

・日本語版にのみ収録されるストーリーモードの新チャプター収録。

・前作に引き続き完全日本語化。
マーカス フェニックス: 廣田 行生
ドミニク サンチャゴ: 高階 俊嗣
デーモン ベアード: 松田 健一郎
オーガスタスコール : 大西 健晴
アーニャ ストラウド: 湯屋 敦子
ビクター ホフマン: 沢木 郁也
ベンジャミンカーマイン : 桑原 敬一
タイアロア カリーソ: 間宮 康弘
ディジー ウォーリン: 中村 浩太郎
プレスコット議長: 中村 秀利
マリア サンチャゴ: 甲斐田 裕子

・マルチプレイは海外隔離の日本サーバー。

もうとにかくローカライズが前作と変わらなかっただけで万々歳なんだよ。
とにかくストーリーが知りたかったのと、前作の吹き替え陣でやりたいがために
日本語版を買うので、海外鯖隔離はそれほどたいした問題じゃない、というか
むしろMSGJ!!というべきかもしれない。

とにかくGoWシリーズは、海外プレイヤーがホストの場合ラグが酷く
足元へ発砲すると着弾が1秒後だったり、GoWのような対戦スタイルだと
まともにプレイできず、外人プレイヤーにフルボッコされるのがオチ。

元々GoWは日本でもかなり人気で、未だに1作目のマルチ稼働率がかなり高く、
(CoD4・Halo3・GoWとこの三作が上位3位)
1作目は日本人しかいない状態だけれども、対戦に困らないほど人はいるし、
ラグもなく快適にプレイできるんだ。

ただ、ここで心配な点が一つ。GoW2になってから変更されたマルチシステム。
前作は部屋制で、立ってる部屋に参加してスムーズにプレイが可能でした。
しかし今回は、マッチングロビーで対戦人数が揃うまで、延々プレイヤーを検索、
揃って初めて試合が開始されるという「Halo3」のようなシステムに変更されています。
しかも一試合終わるごとに強制解散されます。ただでさえ人が多い海外鯖でも
マッチングには時間がかかる上、テンポがかなり悪い。
そう考えると日本鯖は人いるのにマッチングしない
過疎状態になるような気がしてならないのです。
ホードする分には問題はないと思います。
5人だし人気モードなのですぐマッチングします。(海外の話だけど)


まぁ僕ちゃんアジア版持ってるから、日本鯖だろうとあんま関係ないんだけどねv^^^v
s-crom2.jpg
今更ながらにクロムハウンズを買った。
360がまだ出て間もない頃、SEGAが果敢にもぶつけてきた
戦闘メカアクションゲーム。このゲームの特徴といえば
自由度が広すぎるメカの組み立てにあります。
アタッカーやスナイパー、コマンダーなどの役割ごとに
様々な武器やパーツをつけて組み立てていきます。
それはまさにレゴブロックに近い感じ。各パーツのアタッチメント同士を
上手いこと組み合わせて、カッコイイロボットを作る!
・・・とはいかないんです、このゲーム。

このロボットの弱点はコックピットで、そのコックピットを守るように武器を配置、
組み合わせていく必要があり、必然的に不格好なロボットが完成してしまうんです。

哀しいけど・・・これ戦争なのよね。

s-crom1.jpg
奇っ怪な皆さんのロボット。もはや芸術に近いレベル。
お前それどうやってバランスとってんのとか、それトーテムポールじゃんとか
色々と突っ込みたくなるんだけど、見た目などにこだわっている暇はありません。
いかにコックピットまわりを固めて、効率よく武器を配置するか。これだけなんです。
それがしかも中々難しい。パーツの特徴を考えて頭使って
組み合わせる必要があるんですね。俺ソウイウノマジ苦手。

そして組み立てる上でこのゲームのもうひとつの特徴が
あまりにもリアルすぎるメカのスペック。
武器の合計積載量に発熱量や放熱量、電力などなど。
見た目だけでなく、中身までリアル。燃料タンクやラジエータなど
そういうものまで積む必要もあり、武器を積みまくると
オーバーヒートしたり重すぎて動けなくなったりと、
色々と気を使わなければいけない点が多すぎます。
自由度高いとはいえスペック面での縛りがキツイ。

s-crom4.jpg
今からご覧頂くのは初ミッションの様子。
いきなり夜です、明度やコントラストいじって明るくしてるけれども
実はめちゃくちゃ暗い。暗視ゴーグル的なものが必要だったらしいんです。
それにまだ重量とか、そういうの知らずに好き勝手に武器積んで
移動速度がとてつもなく遅くなってます。
今にも止まりそうなスピードで、仲間に見守られながら坂を登っている時、
戦場にゴールするのがこのゲームの目的なのかと、
敵拠点の破壊という本来の目的を忘れてしまいました。


あまりにも遅いため、途中で三倍速にしてます。
それでもこの驚きの遅さ!

このゲーム、曲を作るのが面倒だったんでしょうか?
BGMがありません。あったとしてもめちゃくちゃ小さい。
効果音もしょぼく、サウンド面だけは最悪です。
あまりにも静かすぎる戦場が不気味です。
動画の音(後付けBGM除く)も三倍にしています。
それでもこの驚きの静かさ!

Λ Λ
(=´・ω・)うぁー わぁー ぁー


数ヶ月後には独り歩きができるようになり、
「まんま」・「だっこ」等簡単な言葉を発する事が出来るようになると思われます。
ワタクシ、チキンでありながらもホラーものな映画や
心霊現象などオカルトなものに結構興味がありまして、
映画を借りてきたり、ネットで心霊動画などしょっちゅうをあさっています。
おかげでネットに出回っている心霊動画に至っては、
ほとんど見つくしてしまう始末。

ホラー映画は、どうしてもフィクションという意識が根づいてしまい
あまり恐怖感が湧かないのですが、好物ではあります。
でもやっぱり一番好きなのはドキュメントものやネットにあぶれる
心霊写真や心霊動画などが好物であったりします。

どうせほとんどフェイクだろなんて言っても、幽霊の存在自体が
なんだかよくわかんなくて、幽霊自体がファンタジーに近い存在なんだから
そういうところはどうでもよくて、楽しめたらそれでいいんです。
プラズマだったり電磁波なんていう、科学がさっぱりわかんない人間にとっては
幽霊よりよくわかんないものを、幽霊の正体にするのもそれはそれで結構。

でもこういう恐いものが好きな人間にとっては、幽霊の正体はどうでもよくて
「恐怖」というある種ひとつの欲求が満たされればそれで満足なんだ。
でも100%本物!だなんて謳って結局作りものだったりしたら
それはそれでガッカリしちゃうんだけどね。


6月だけど真夏のように暑い日が続きますね。
今日はひとつ私が体験した怖い話をしてみましょうかね。
それにしても夏=怪談というイメージが
根づいたのは何が原因なんでしょうかね。

ここからは稲川淳二先生モードに入ります。
[こわいはなし]の続きを読む
s-snaioer.jpg

マテリアルスナイパー

それなりに遊べるFLASHゲームです。
ドラム缶や動く的を撃つ訓練を経て、時限爆弾の解体などの
仕事をこなしていくスナイプシューティングゲーム。
またサウンドが中々良くて気持ちいい。

経験知を得て、スキルアップもできるのでそれなりに遊べます。
難易度があがると風の要素が追加され、難易度が上がるごとに
どんどん現実に近い難しさになっていきます。
難易度ハードだと、ご丁寧に着弾予想ラインと風の切り替わるタイミングなどを
視覚を通してお知らせしてくれるけれども、難易度があがるとそれもなくなると思われ。

だがしかし制作中。結構前にやったのでそろそろ完成しているかと
久しぶりにアクセスしてみたらまだ完成してなかった。


それにしてもビルの外側に設置された時限爆弾の解体に
狙撃銃って使うものなんですか?
なんだか爆弾のケーブルとか、制御盤とか撃つんだけど
爆弾貫通して爆発しそうなんだけど・・・。


XBOX360・PCゲー「PROTOTYPE」
ちょっと前にムービー見て、グラフィック厨な私にはかなり魅かれたこのゲーム。
ダークサイドに堕ちたアルタイルさんがNYで暴れまくるアクションゲームです。
体をウィルスに侵され、NYの街中を飛び回り、体を刃物などに変形させ、
超怪力で敵を殺しまくるアメリカン脳筋ゲー、ジャパンでいう無双ゲーです。

ゲームはおろか、プレレンダリングムービー内でも体がちぎれまくるわの
残虐描写のオンパレードなのででおそらく日本での発売見込みはほぼ0。
ゲーム内での描写をカットしたとしても、デッドスペース同様ゲームとしての
楽しみが激減すると思われるので、どちらにせよアジア版を買うのがよさげ。

敵はウィルスに侵された感染者や人間の兵隊さん。
「ウィルス」ってSF映画やゲームにとってほんと都合のいいものになりましたね。
ほんと最近よく思う。モンスターを登場させる上でも、宇宙から来た生物っていう
設定よりも現実味が増すし、主人公は補正で感染しなかったり(してもワクチン完治)
超人的パワーを得たり。

そろそろ現実でも軍事研究でウィルス実験に失敗した被験者が、
スーパーパワー(笑)を得て、被験者は偶然的に良心的な心の持ち主で
街の人たちを救うスーパーヒーローとなって活躍し、偶然的に敵キャラも出現で
軍隊やられてピンチ、そこでヒーロー登場でUSA!USA!なマーブル的展開が
起きてもいい頃だと思います。無理?ありえない?
s-gengar.jpg
雨降り バス停 ずぶ濡れ お化けがいたら
あなたの たましい 貸してあげましょう あの世の パスポート
怪奇な冒険 はじまる

トトロにまつわる都市伝説ってありますよね。
トトロは死期の近い子どもにしか見えない死神だっていう。
実は本当にメイちゃんが池で死んでたっていう。
サツキちゃんはネコバスであっちの世界につれていかれてメイと出会うっていう。
お母さんが最後に窓から一瞬見る二人の娘の幻影は霊魂だっていう。

あんなのほほんまったりムービーからどういう過程で
こんな悪趣味な都市伝説が生まれるのかはわからないんだけれども
パヤオさんはこういう裏設定作るの好きらしいから、
ジブリ公認な伝説なのかどうかはよくわからないんだけれども
少なくとも自分は、ジブリで一番見た&好きな映画なので
観た後にこんな話聞くとかなり胸糞悪くなるね。
雑記カテゴリー100突破記念。
ゲーム系日記メインなのに、結局どうでもいい日記が
一番多くなるんだね仕方ないね、書きやすいもんね。
それにしてもうちのブログは、無駄にカテゴリーが多いね。

一度整理しようかと思って昔の記事見直してたんだけれども
やっぱ最初の頃の記事は初々しすぎて、なんだか見てて切なくなる。
アップロードした画像も、ファイル名が同じで上書きされてたりして、
ゲーム記事に全く関係ないゲームの画像が表示されてたり。
まぁ上書きされてるのなら、もう手の施しようがないので修正しないけどね☆

どうでもいいようなしょーもない事ダラダラ書いてたら
いつのまにか総記事数500突破しちゃってるけど
ブログ開設から現在までの総日数約900日で、
半分以上更新できているのは意外だったんだけれども
当初目標の毎日更新はあまりにも無理のあった話だったので
今はコンスタンスに1か月の約半分は更新できているので
今後も1か月15記事更新を目標に頑張っていくよ。
目指せ1000記事突破。
A「TDUで遊びませんか?」
B「いいですよ」
A「フェラーリはお餅ですか?」
B「えっ」
A「えっ」
A「お餅じゃないんですか?」
B「持ってますけど、お餅じゃないです」
A「どっちなんですか?はっきりしてください」
B「えっ」
A「えっ」
B「お餅だとどうなるんですか?」
A「一緒にツーリングしたりレースします」
B「なにそれこわい」
A「えっ」
B「食べたりはしないんですか?」
A「えっ」
B「えっ」
A「普通はまず走りますよね」
B「なにその食べ物、こわい」
A「えっ」
B「えっ」

E3でTDU2の情報が出てこなかったのは誠に残念なんだけれども
発売日は恐らく2010年だと思われるんだ。

これまでのTDU2のガイシュツ情報。
・天候の追加(晴天・曇り・雨・雷雨・スコール・霧等)
・時間の追加(夜がある)
・ダート路面の追加
・オフロード車・SUV・モトクロスバイクの追加
・ライセンス学校の追加
・燃料の追加(ガス欠する)
・車体の汚れ・洗車の追加
・ワイパーが動く
・キャラクターのアクセサリーを追加

tdu2ul1.jpg tdu2ul2.jpg
tdu2ul5.jpg tdu2ul6.png
tdu2ul3.jpg
これくらいです。オアフ島というステージはそのままなんだから
もっと早く出せるだろうとも思うんだけれども、ATARI潰れたし
色々と大変だったんだろうけど、せめて配信予定だった車は
ちゃんと全部配信してほしかったです。次は200台くらいは増やしてもらわないとね☆
頼むから日本車もっと増やしてください。ダートあんならせめてスバルとミツビシを・・・。

追加写真とか情報見てるとオフロードばっかプッシュされてて
別ゲーになんじゃねって不安になるくらいです。
今まではバイクで死ぬほど頑張れなんとか登れた
オアフで一番高い山も、2ではいささか楽になりそうです。

個人的に望むことはせっかくアバターがあるんだから、
車から降りてアバター同士で、関われる施設が欲しい。
道路とかは歩けなくていいので、観光地とかビューポイントとかで。
外見とか衣装変えてもほとんど見えないようじゃ意味がない。
あとはガレージの統一。これだけは切実に望む。
最後は車の外見をいじれるシステム。たぶん無理だと思うけど。
もうちょっと自分の車にオリジナリティを付加させたい。
ツーリングとかで目立ちたい。なにこの心の奥底に眠る自己願望。
このブログは箱信者がお届けしているので、箱の情報のみです。

Project Natal。
Wiiの時代完全終了。
今まで360にWiiのようなモーションセンサー機能を実装するような
話はあったけど、極秘の極秘で開発進められていたのですが、とうとうお披露目。
なんだよWiiパクんのかよ・・・情けないとか思ってたら・・・・これは・・・。
これはヤバい。コントローラを一切必要としない上、モーションセンサーを使用して
スクリーンに絵を描いたりすることもできちゃう上に、


声やプレイヤーの立ち位置にも感知して反応。
ゲームキャラがプレイヤーの方を見たり、声も認識してCPUもちゃんとした
意識をもって会話をしているようです。
ゲームがいっきに近未来化しちゃったよ、ゲイツさん頑張りすぎ。


Left4Dead2のトレーラー。はやくも続編発表。
キャラクターは一新、近接武器が追加されているようです。デッドラみたい。
頼むから今回は10シナリオはつけてくれ。


Modern Warfare2のトレーラー。
前回のCod4Modern Warfareがあまりにも評判がよくて、
CoDシリーズから独立してMWシリーズとして今回初めて作られた続編。
残念ながら今回もCooPモードは実装されませんでしたが、
MWはストーリーや雰囲気がマジぱねぇので買うのは確実です。

他にも箱独占タイトルMGS:RIDENやアサシンクリード2、
Forza3やデッドラとロスプラの続編などなど期待のタイトル目白押しなのですが
なんせ発表が昨日で、今も現地で発表会が続行中で、動画があまりうpされてないので
いい動画が出てきたら紹介しようと思います。

こちらでMS、任天堂、SONYのE3発表会を最初から全て見ることができるので
気になる方は観ればいいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。