このブログを見たら下痢。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
H.A.W.X買ってきたよー、てかもうクリアしてしこたま遊んだけど。
公式サイトには書かれていなかったんだけれども、このゲーム実は


hawxtokyo.jpg
東京上空を飛行できるんだね、これにはビックリだ。
ものすごく細かく作ってあるし、眺めながら飛んでるだけでも十分楽しい。
他にもシカゴ・ロサンゼルス・ワシントンD・Cなど大きな都市上空も飛べちゃう。

フライトゲーって地上物は結構綺麗に見えるんだけど、高度を下げると
めちゃくちゃテクスチャの荒い、のっぺりした床があるだけでがっかりなんだけど、
このゲームは結構綺麗で、ビルなどの立体物も相当な数がちゃんと作られてあって、
東京タワーやフジテレビはもちろんの事、国会議事堂や東京ドームなど
比較的小さな建物もちゃんと立体化されてて感心しちゃうんだ。

しかも飛べる範囲も広くて神奈川・埼玉・千葉あたりまで飛べちゃう。
まぁ飛んでも横浜以外は、大きなランドマーク的な物が見つからなかったんだけど。



というわけで早速東京都上空を、低高度で観光してきました。
きっとビルのガラスは吹き飛んでて、悲惨な状況だね間違いないね。

羽田空港→みなとみらい→ベイブリッジ→フジテレビ・レインボーブリッジ→
東京タワー→競技場?(詳細希望)→東京ドーム→都庁→皇居・武道館→
国会議事堂→東京ディズニーランドと巡っていきます。

他にもそれっぽい建物はあるんだけど、ほんとにそれなのかはよくわかならい。
実際の地図と見比べるとやっぱり簡略化されていて、ゲーム内で実際の建物を
見つけるのは結構難しい。もう一度色々探してみよう。
幕張・千葉マリンスタジアム・ビッグサイトとか。
スポンサーサイト
やったね!個人的に目標にしていた5万アクセス突破した!

いつも見て頂いている方々、ググったら出てきたので
とりあえず覗いて下さっている方々、本当にありがとうございます。
ホームページは1年で閉鎖、WEB漫画は1年半で休載(オフ会のは一応描いてる)
何事も続かなかった自分が、ここまで続けていられるのも皆さんのおかげです。

とまぁ何か記念事があれば、企画をやっているわけですが
ぶっちゃけなにかやりたい事を思いついた時に、偶然にも記念事がやってきて
それに便乗して記念企画だなんて華々しさを装ってるだけなので、
今回は特に何もやりたいこともないしスルーすることにします。

最後にこれからも「げぶろぐ日和」をよろしくお願いします。


「DREAM C CLUB」の動画が初公開されました。
キャバゲーいわゆる日雇いのバイトで金稼いで夜はキャバ嬢に貢ぐ底辺ゲー。

ねぇよ・・・コンセプトも中身もこれはねぇよ・・・。
ピュアな心を持つ人しか入店できないキャバクラってどういうことなの・・・。
バイト→キャバ通いって時点ですでに汚れてるだろ・・・常識的に考えて・・・。
で、なんでコンサート開いてんだよ・・・もうすげぇよ・・・いろんな意味で・・・。
バンナムわざわざD3にこんなの作らせてないで素直にアイマス次回作作ればいいのに・・。

初動画でいきなりライブ1曲まるまるフルで見せられても・・・。
初動画なんだからシステム面とかゲーム全体を紹介すべきだろ・・・なんでライブなんだよ・・。
これでMAD作って欲しいってことなの・・。そうなの・・・?作って欲しいの・・・?
作ってやれよ・・ニコ坊・・あぁもうあるのね・・・さすが・・。

とりあえず髪の表現は凄いと思ったよ・・・うん・・・。
でもその胸ゆれと、ストリッパーみたいな格好なんとかなんねぇのかよ・・・。
なによりも目が・・・怖ぇんだよ・・・死んでんじゃねぇか・・・。
嬢も心が汚れてるから仕方ないのか・・・。

で、一番ツッこみたい所があるんだけど・・・。

お前らほんとに20歳超えてるのかよ・・・。

小学生いるじゃねぇか・・・。

小学生が水商売はまずいだろ・・・いろいろと・・・。

まぁ僕ピュアな心じゃないからこのゲームでは遊べないし、
どうでもいいんだけど、これやるならアイマスやるわ・・。
アイドルプロデュースするゲームの方がよっぽど健全的だけどね・・・。
作ってる側の人間の下心の塊なゲームだと感じたね・・・。
発売後のレビューとかニコ動の反応が楽しみだよ・・・。


・・・をwwwに変えるとテンションうp。↓
[キャバゲー]の続きを読む
keionbass.jpg
こいつを見てくれ、これをどう思う。

どうやらアニメ内の登場人物が弾いてるベースと似た、
もしくは同じベースらしいんだけど・・。
アニメのキャラが使ってる同じベースでベースを弾きたいらしい。
なんなの?馬鹿なの?日本おわってるの?
しかもLHモデル。利き腕矯正してでも弾きたいの?

なんだか企業がオタクに媚びる理由がわかった気がしたよ。


下の記事でけいおん!のこと取り上げたけど
見てる自分が嫌になってきた。
s-tako1.jpg
実家に帰ったら必ず食べるたこ焼き。
家のすぐ側にあるので腹が減るとつい食べちゃうんだ。
8個で320円、12個入りで350円。
札幌においしいたこ焼き屋さんがないので、っていうかたこ焼き屋自体
ほとんど見かけないのでこっちだと食べる機会がないのよね。
大阪の実家だと駅前だけに、5軒以上ある。

というわけで久しぶりに食べたくなったので、たこ焼きを作ってみたんだ。

s-tako2.jpg
ほんとはだし汁とか入れた方がいいんだけど、面倒臭い。
お好み焼き粉と卵、水、天カス、ネギをぶち込んで混ぜます。

s-tako3.jpg
明らかにたこ焼きの様子が変だ。なんか膨れ上がっている。
祭りとかの露店で見かけるベビーカステラみたいになっている。
すぐに焼けて固くなっちゃって、店のような柔らかいたこ焼きができない。
柔らかいうちにひっくり返そうとすると、デストロイしちゃうし・・
暇そうにしているたこ焼き屋のおっちゃんも、やっぱプロなんだなぁ・・と実感。

s-tako4.jpg
ヌワーーー!!タコが生地から飛び出ている。
もはや球体ですらない。どうやら生地を作る時に水が少なすぎたようです。
たこ焼きの生地の作り方ぶっちゃけ知らなかったので、
お好み焼き生地の水配分で作ったので固くなりすぎた。
もっと水入れてシャバシャバにしないといけなかったらしい。もう遅いけどな。
このベビーカステラタコ入りを食わねばならん。

s-tako5.jpg
まぁこうやって、ソースと鰹節に青のりマヨネーズぶっかければ
なんでもおいしそうに見える。若干食べずらかったけどおいしかったです^q^
s-rexrajyan.jpg
MHFで史上最狂級のクエが配信されました。
その名も「鬼に金棒」なんとティガレックス変種とラージャン変種の
丼ぶりお腹いっぱい間違いなしなクエ。
このクエで前回アップロード時にお知らせされていた
99b0332b.jpg
新防具「鬼神シリーズ」作成に必要なアイテム「鬼憑鉄」が手に入ります。
個人的に見た目が好きだったので作ろうと思ったのですが、
スキルが回復速度+3・攻撃+3・匠+3・風圧+5で達人が-3と微妙。
さらにスロットが最大強化でもほとんど1つしかあかない模様。
クエストの鬼畜さに見合った性能とは思えないので、作るの躊躇ってたり。
とりあえず最大強化に1部位3ついるので、必要分入手しておこうかなと思ってたり。

rexrajan.jpg
それにしてもまさか昔描いた絵が実現してしまうとは思ってもみなかった。
まぁ両者のターゲットはハンターなんですがね。


rx
Uploaded by jacky316

適当に曲付けて遊んでたら後半からMADみたいになって、
求人区だと15分針で終わってしまうなんてことないクエストなのに、
いかにも超難易度を誇るクエストかの如く
最後が無駄に壮大になってしまったプレイ動画。

※特定の人のみ嫌な思いをされる
シーンが含まれているますが、あえて謝らない反省しない。※
s-dbe.jpg
実写版ドラゴンボールを二次元化してみた。
つか筋斗雲って映画でも出てくんの?なんか心汚れてそうだから乗れなさそうだね。

s-dragonball.jpg
それにしてもこのすっとぼけた顔どうにかならんのか。
当初からの予定通り映画DB:Eは残念な出来だそうですが、
レンタルが出ればいずれニヤニヤしながら見たいと思います。

DOKKAN! DOKKAN!
4月8日にとうとうMHFが大型アップデートキタコレ。
新しく追加されたクエスト、「キャラバンクエスト」は当初から
まったく意味が分からない仕様で、実際やっていても
「素材も手に入らないクエストをなんでひたすらやんなきゃいけないんだ」
なんてネガティブな方向にものを考えてしまう内容なんだ。
複数のクエストを連続でこなすのがメインで、古龍の連戦があったり
中々に鬼畜。でも敵の体力はかなり低いのでクエスト自体は
かなりサクサクとテンポよく進みます。タイムアタックしてる感じに近いね。

このクエスト、なにを採集・剥ぎ取ってもポイントしか手に入らない。
そのポイントは「名声」っていう新しいランクのアップに必要で、
今はとりあえず黙って狩人珠なんていう得体のしれない装飾品を作るために
クエストを消化しているところなんだ。
情報が明るみになってきたらモチベーションも上がるんだけれどなぁ。

もうひとつの目玉が新モンスター「パリア・プリア」
s-pari1.jpg

前にシークレットを元に絵をおこしたけど、残念ながら全然違いました。
まぁ魚竜系ティガレックスでしたが。
はじめてやってみた感想は、「残念モンスター」。
戦っててあんまり新鮮味がないって言うか、面白みがないって言うか。
そしてなによりも体力がめちゃくちゃ低くソロでも簡単。
剛種としても登場しますが、かなりカモられてる模様。

最初なぜか屁をこきながら巨大な肉を齧り付いてます。
s-pari2.jpg
なんだかお顔がチャーミング、ちょっと猫っぽい。
動きもノロくて、地面も貪り食うところ、なんだか頭も残念そうなモンスター。

s-pari3.jpg
その旺盛な食欲から見境なく飲み込むため、その名も「呑竜」。
地面を削りながら突進してくるので、突進経路に肉を設置してお腹を一杯にします。
タイミングよく肉が口に入れば、次第にお腹が膨らみ、満腹にさせると
苦しそうにノロノロ歩くので、その間に怒らせるとゲロを吐きます。
そのゲロの中からレア素材「呑竜の軟骨」・「呑竜のキモ」が手に入ります。

逆鱗や紅玉目当てで尻尾を斬るように、呑竜のレア素材を
手に入れるには、この面倒な工程を行う必要があります。

ちなみによだれの色で置く肉が決まっており、
白→生肉 紫→毒生肉 水色→眠り生肉 黄色→麻痺肉となっています。
間違った肉を食わせると暴れます。
我こそはとみんな肉を置きまくるので、そこらじゅう肉だらけ。
呑竜の一人グルメレース展開。

s-pari4.jpg
ゲロ攻撃。食らうとスタミナが無くなり、周りは異臭騒ぎに。

速攻で倒すなら5分もかからないのですが、実はこの作業結構時間かかります。
素材目当てに「食わせる→吐かせる」この工程を3,4回繰り返すので
15分はかかります。その間攻撃は一切しません。素材が思う存分取れたら
用済みって事でフルボッコで殺しにかかります。でも何度か吐かせると
動きが格段に速くなり、あたり判定も大きく攻撃できる隙もあまりないので、
実は結構やっかいな敵。それを考慮して体力が低くなっているのかは
わからないままに、呑竜は今日も食べては吐くの繰り返しです。
まるで拒食症のようで悲惨です、まぁ無理やりハンターがやらせてるんですがね。

s-pari5.jpg
吐しゃ物の中身。これを採集、考えただけでも嫌になります。
緑とピンクのかけらを調べるとレア素材が手に入ることがあります。
肉のかけらのようなものを調べると、何故か消化前の生肉が手に入ったり、
他にも「モスの苔皮」や「肉球のスタンプ」「蒼火竜の翼」なども
手に入り・・・ってお前一体なにを食っただー!!
豚や猫はともかくレウスってお前・・・。それを飲み込むとは恐ろしい子・・。


d
Uploaded by jacky316
s-planet.jpg
みんな大好きB級ゾンビ映画だよー^^
「プラネットテラーinグラインドハウス」 
2007年公開(米) 監督ロバート・ロドリゲス

テレビでCMやってたので知ってる方もいると思いますが、
クエンティン・タランティーノ監督の「デス・プルーフinグラインドハウス」と
同時公開されたものでアクションホラー映画2本立て、両方見るのが
筋なんでしょうが、個人的にこっちのが好きなもので。

グラインドハウスとは1970年代~80年代頃にアメリカで、
主に表で公開できないような社会派映画やB級映画、
つまりなんだかいかがわしい映画を2,3本立てで
公開していた小さな映画館の事。
本作は、当時グラインドハウスで公開されていたような
映画を再現してみたもの。

それっぽく見えるように、わざとフィルムに劣化・ダメージ表現をつけてみたり
中でも一番おもしろい所が、主人公とヒロインとのベッドシーンで、
フィルムがどんどん焼けていって、いいシーンで完全に焼けて
見れなくなってしまう所。監督の憎い演出が笑いを誘います。

内容もいかにもなB級映画風。テキサスの田舎町で、
軍が保存していた生物兵器が町に流れ出してゾンビが溢れかえり、
バンバン人が殺されるそんな内容。
アクションシーンも非常に爽快で、細かい事を考えずに
頭スッカラカンにして観るそんな映画だと思います。
実際面白いしこいつはB級の皮かぶったA級映画。
しかもなぜか大物俳優ブルースウィリスが出ている。

この映画一番の見どころは、ヒロインが片足を亡くし義足代りに
ライフルを装着し、ぶっ放すところ。やっぱ監督頭おかしい(褒め言葉)
ヒロインはどうやらチート済みで、弾切れ無しで暴れまくります。
残念な所は、片足ライフルの魅せ場が少ないところ。

ロドリゲス監督は毎回馬鹿っぽい小道具や、
遊び心満載な映画を提供してくれます。
今回は片足ライフルのほかにも、主人公がポケバイで逃走したり
死亡フラグなしでメインキャストがいきなり死んだり、
めちゃくちゃな内容です。(褒め言葉その2)

単純にアクションを楽しみ、雰囲気を楽しむためだけの映画
そんな映画がたまにはあってもいいじゃない。
めちゃグロいので苦手な人だけは注意。
B級とかゾンビとかそういうの好物な人は観る価値あり。
久しぶりに借りてきた映画の感想でも。
s-blaind.jpg
ブラインドネス
去年11月に公開されたので最新作で借りれると思います。
メインキャストに伊勢谷友介と木村佳乃、パチもん日本人じゃなくて
ちゃんとした日本人が出演、七三分けでメガネかけてたり、キツネ目の
あやしいアジア人ではなく、イケメン&美女で日本語も話すし
英語もペラペラで、違和感なくメインキャスト陣に溶け込んでいるので
ちょっと嬉しい気分になります。なんでだろうね。

ある日突然日本人の男性が、目の前が真っ白になって盲目になる
病気にかかります。その病気は感染性であっという間に広まってしまう
感染パニックムービー・・と聞けばなんだか恐ろしい響きに聞こえてしまいますが
どちらかというと、人間の本質や内面を描いたドラマ、テーマ性の高い映画です。

感染者は、看護師や管理人もいない隔離施設に入れられて
盲目の人間だけで生活させられます。その施設の中に盲目のフリをして
施設に入った、盲目病に罹らない目の見える女性がいるのですが、
それが言わば映画を見てる観客。その女性の視点を通して、
盲目の人間だけで生きていくとどうなるのか垣間見ることができます。

差し入れられる僅かな食料をめぐるトラブルで、どんどん崩壊していく秩序やモラル。
食料を略奪した者とその取り巻きは、食料が欲しければ金品を出せ、
終いには女を出せと要求され、どのような状況でも結局は弱肉強食な
世の中であり、弱い者はどうすることもできないなんて
まるでこの世の縮図を見ているようで嫌になります。

映画中盤のこのような争いは、あまりにも酷く見るに堪えなかったです。
出来が酷いとかそういうのじゃなくて、見てて辛くなった。
初めてだ、Z級映画以外で映画を早送りしようかと思ったのは。

だけどこの映画のメッセージ性は、このような単純かつありきたりな所ではなく、
一番の肝はやはり終盤で、絶望的な状況でも仲間たちと共に幸せに生きている
日本人男性の身に起きたある出来事では、大きな感動を得られます。
久しぶりに登場人物に感情移入できた作品でした。

「自分たちは今まで見えてなんかいなかった、本当に大事な何かを。」
なんてそういう超クサいセリフやテーマ性が安っぽく聞こえない
しっかりとした作りになっています。
少々内面描写が荒削りだったり、原因や理由などが省かれていますが、
単純に娯楽作として観るのも中々面白いと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。