このブログを見たら下痢。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プレイ動画更新しやした。
基本的に町中で暴れるミッション以外ゾンビが絡んでこない。








スポンサーサイト






セインツロウ3のキャンペーンプレイ動画アップはじめました。


ただ普通にプレイした動画あげても面白みがないのでチートで遊んでみました。

s-amarec20111209-003102.jpg


チート「Brains」

歩行者がゾンビになるチートです。
最近流行りの走るゾンビな上に大量に発生するのであっという間に囲まれる上に
地味に攻撃力がでかいという。

チートが有効になるのはPart2からなので、最初は出てきません。

あとプロローグは都合上カット。プロローグの話を簡潔にまとめると、主人公をボスとするギャング
「サード・ストリート・セインツ」が銀行強盗をけしかけて金庫ごと強奪しようとしたら、
ヤバイ組織の金庫でしたって感じです。

s-amarec20111209-002839.jpg

s-amarec20111209-002902.jpg


gbrebillust.jpg



ゾンビ繋がりでプレイヤーキャラはバイオハザードのキャラ「レベッカ・チェンバース」をモデルに。
顔はあんま似てないけど、服装でかなりそれっぽいのがあったのでレベッカにしてみました。
ウェスカーも作れそうなので後日作ってみます。
セインツロウ3をクリアしました。とはいっても購入してしばらく積んだのち
ぶっ通しでやり始めてから数日でクリアしてたんですが。


シナリオのブッ飛び具合、ちょくちょく入る小ネタに予想の斜め上をいきすぎる展開
全編最後までそのスタイルを貫き通した所は素晴らしかったです。
最終シナリオの一番盛り上がるところで、突如かかるBGMには爆笑しました。
日本でもスポ根ドラマで使われたおなじみの曲で、妙にテンションのあがるアレです。

ただしシナリオ自体が少しボリューム不足であり、挿入されるムービーも少なめで
好きにキャラクリエイトしてもその姿があまり拝めないのが不満点。


ただしトータル的には十分満足できるゲームでやってみる価値ありです。


前回はゲームのおおまかな要素とキャンペーンの一部を紹介しましたが
今回はサブミッション(ゲーム内でいうアクティビティ)を紹介します。
どれもバラエティに富んだミッションです。

まずガーディアンエンジェル


ヘリに乗って上空から仲間の乗る車を援護するミッション。
ロケットランチャーとスナイパーライフルによる援護をし
目的地に着くまで、仲間を守り抜けばクリアというもの。
このゲームは随所で弾が無限になるので、細かいことは考えずに
バカスカ撃ちまくれるのもいい点だと思います。

・ファイアレース


炎をまとったバギーに乗って、通行人や車、建物等に突っ込んで
タイムを稼ぎ、制限時間内に完走するのが目的。
バギーはおそらく無敵なので、とにかく手当たり次第突っ込みまくってれば
簡単にクリアできます。突っ込むといちいちド派手に爆発するので気分爽快です。

・保険金詐欺


車に身を投げ出して、制限時間以内に設定金額の保険金を稼ぐというもの。

要するに当たり屋です。

一定数稼ぐとアドレナリンモードに突入し、より多くの保険金が稼げます。

・メイヘム


あらかじめ用意された武器で、虐殺破壊しまくるミッション。
決められたエリア内で、制限時間内に設定損害金額を稼げばクリア。
武器は無限で、とりあえず手当たり次第手榴弾を投げればそれなりに稼げます。
人間にも100$ほどの金額が設定されてます。
これとは別にタンクメイヘムというミッションもあり、戦車に乗るバージョンもあります。
こちらは完全に俺つえーの無双ミッション。

・超絶有頂天倫理委員会

ルール説明とプレイ動画




別難易度の動画


という名前のバラエティ番組です。
その番組の企画をクリアすればいいのですがバラエティとは名ばかり
実際は出演者を本気に殺しにかかるアングラすぎる番組。
日本のコメディやバラエティ番組をモチーフにしたとの事ですが、どこの日本ですか・・・。


ほかにも2,3種類サブミッションがあるのですが、今回は特にバラエティに富んだものを紹介してみました。

s-amarec20111120-150103.jpg

セインツロウ3買いました。

E3で映像公開されて、その馬鹿ゲーっぷりに心撃ち抜かれた本作品。
GTAと似た路線のゲームではあるものの、エンターテイメント性に特化させ
うまく差別化させた作品だと感じました。



s-amarec20111123-000447.jpg

セインツロウに欠かせないのが、GTAⅣにはなかったキャラメイクの自由度。
本作ではさらに自由度、というよりおふざけ度が高くなっています。


どれ程いじれるかは、この動画で大体分かると思います。
常識はずれなスキンまで用意されていたり、小ネタ満載の衣装がいっぱいあったり。

s-amarec20111123-002012.jpg

男性・女性ともにいじれるパーツは同じなので
女性キャラにヒゲを生やすことも可能。さらに声を男性声にすればオカマキャラまで作れます。
個人的に関心したのは、男・女ともに3パターンの声が用意されていて、口調もそれぞれ変わる点。
ムービー中もすべて反映されています。さらに男性、女性で字幕のセリフが変わるところ。
女性にすれば、一人称が俺からアタシになったり、口調が若干柔らかくなったり。
この点はローカライズがいい仕事しています。


s-amarec20111122-005746.jpg

本作はアップグレードシステムによって、キャラクターを強化していくことができます。
経験値=リスペクトを貯めていくことで強化できる項目がアンロックされ、
アンロックされたスキルはお金で購入します。強化項目は体力や攻撃力の強化から
銃器の弾数増加や、ギャング仲間の強化、敵を倒した後に手に入るお金がアップしたり
ギャングや警察の手配を下げるなどのお助けアビリティまで様々です。


s-amarec20111123-004246.jpg

街そのものの広さは、狭すぎず、広すぎず。GTAⅣと同等くらいの広さ。
各エリアを縄張りとしているギャングを制圧し、そのエリアの土地や建物を
購入して実効的な支配をしていき、最終的に全エリアを制圧するのも、ストーリークリアとはまた別の目的でもあります。

街の移動手段は車や、バイク、ヘリ、水上スキーはもちろんのこと
s-amarec20111123-004154.jpg

戦闘機まであります。
この戦闘機ったらまた超ハイテクで、変形するわ、レーザービームで武装してるだわのトンデモ兵器。


☆★☆移動に欠かせないのが車、でも手元に車がない!そんなあなたに!!☆★☆

【セインツ流カージャックの仕方】
sr1.jpg

1.まず車を見つけます。見つけたら全速力で駆けよります。
轢かれる覚悟で突っ込みましょう。

sr2.jpg

2.覚悟ができたら、タイミングよく車の前で思い切り踏み切りましょう。

sr3.jpg

3.フロントガラスめがけて前へ飛びあがります。

sr4.jpg

4.そのままフロントガラスごと運転手を蹴ります。
この時、運転手が車から放り出されるほどの勢いがなければいけません。

sr5.jpg

5.ジャック完了。これでこの車はあなたのものです。
これさえあればスティールポートでアシに困ることはありません。



s-amarec20111123-004234.jpg
そんなスティールポートを舞台に繰り広げられるストーリー。
主人公をボスとするストリートギャング「サード・ストリート・セインツ」は
1つのブランドとして確立するほどの地位を築き上げ、今や映画やCM出演までこなしている
いわば有名人扱いされているというトンデモ設定。

そんな彼らが、スティールポートを本拠地に世界各地に支部を持つ巨大闇組織「シンジケート」に
喧嘩をふっかけるというのが本作のシナリオ。


ストーリーの進め方は、基本GTAと似たようなものでミッションをひたすら
こなしていく感じです。ただしGTAは、「○○を手に入れてこい」や「○○へ行って●●を殺せ」など
おつかい的なものがおおく、退屈に感じる人も多かったと思います。
本作はとにかくやることなすこと全てがド派手。これに尽きます。
基本すべてが銃撃戦で、話が進んでいくと軍を相手に戦車やら戦闘機とも戦い、
自分自身もそれらに乗って応戦することもしばしばあります。まず退屈することはありません。

あとGTAに多かったレースミッションもありません。GTA独特の車の挙動がもたらす難しさと
特にレースゲーが苦手な人はあそこで躓いたり、苦戦する人も多かったはず。



ミッションのプレイ動画。



ストーリー中盤のミッションなので、話はさっぱりだと思いますが雰囲気だけでも感じられれば。
s-amarec20111101-223642_20111101225720.jpg

ちゃっかり買ってたフォルツァ4。

ぶっちゃけフォルツァは2からやってますけど、どれも全くやり込んでないんですよね。
なんていうかとりあえず買っておくかみたいなノリで、毎回買ってる気がします。
まぁレースゲームだし、中身はたいして変わらないのでやり込む気も起きませんけど。


s-amarec20111030-215630.jpg

まず収録車種というか、収録メーカーがかなり増えました。
ついにハマーが参戦。相変わらずでけえ。

s-amarec20111030-215746_20111101225717.jpg

ポルシェ未収録の問題に関してはRUFで解決(?)まぁカレラとか乗れませんけど。


s-amarec20111101-223718_20111101225713.jpg

メインとなるキャリアモード。
世界中で開催されるイベントに参加して、勝ち上がっていくいつものパターン。
ただし今回はレースだけでなく、ドリフトイベントや一般車両有りの1on1、
BBCのカーバラエティ番組「TOP GEAR」タイアップによる番組内のイベント参戦などもあります。

相変わらずご丁寧に、ドライバーレベルがアップすることで車を1台プレゼントしてくれます。
しかも今回は数車種ピックアップされて、その中から好きに選択できる仕様。
毎回言ってるけどほんと金を貯める意味がない。好きな車を買ってレースに参加するという
レースゲームの醍醐味が失われてます。まぁ、プレゼントされた車売却して
勝手に自分で買えばいい話なんですけど。


s-amarec20111101-223853_20111101225712.jpg

マルチモード。ペイントカーや自作バイナルの販売、オークションも健在。
残念ながら私はメンバーシップがシルバーに降格したので、マルチモードに関しては詳しく書けませんが、
今回は1つ楽しそうなマルチイベントがあったので、課金して後日記事を書くことにします。


s-amarec20111101-224537.jpg

Forza4に新搭載されたモード「Auto Vista」
ピックアップされた数十台の車を自由に閲覧するモードです。
また「TOPGEAR」メイン司会者の1人ジェレミー・クラークソンによる車の解説付き。
TOPGEARを見たことある人ならわかりますけど、彼のレビューはかなり辛口というか
自分に素直というか、自分が好きか嫌いかでものを言う、企業側からしたらものすごい不公平な
個性的なレビューをするので聞いていて楽しいです。


s-amarec20111101-233303.jpg

彼はポルシェを毛嫌いしているのですが、ベンツの解説内でこんなことを・・・↑

なんだかEAへのいやみに聞こえるのは私だけでしょうが。
しかしこれでもジェレミーにしてはかなり抑え気味の発言ではありますが。

s-amarec20111101-224521.jpg

AutoVistaに収録された車は通常よりもグラフィックが強化されている上、
ボンネット内のエンジンや、運転席など細部にわたるまで再現されています。



・本日のプレイ動画

s-amarec20111102-000024.jpg

かの映画で有名になったDMCデロリアンで富士見街道を走行してみました。
フォルツァ3の時にエキシージでドリドリした動画をアップしたんだけれども
それと比べるとリプレイカメラがだいぶ変わっているね。
実機で遊んでみるとわかるけど、コース自体は変わってないけど
風景や細かい部分で作り直されているのがわかります。
グラフィックもブラッシュアップされててさらに綺麗になっています。




撮影に使ったデロリアンはチューン済みです。
デフォだとめちゃくちゃ遅い。次元転移装置が作動する時速140km/hを出すには相当な直線がいります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。