このブログを見たら下痢。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
s-amarec20110307-001119.jpg

ちょくちょくやってますTDU2。
今回は個人的神ゲー「TDU」を、特にTDUの事を知らない人のために
TDUの魅力を知ってもらえるような、レビューを書いていこうと思います。

[TDUを広め隊]の続きを読む
スポンサーサイト
s-DVC00154_20110218014736.jpg

TDU2の動画はまた後ほどなんて言っておきながら
なかなかアップしなかったのは、キャプボを買い替える予定だったからです。

てなわけで新調したキャプチャボード「Monster X2」

結構古いキャプボなわけですが、D4端子とHDMI端子を
兼ね備えているのにお値段なんと12980円。
デジタル入力できて1万前半のキャプボはこれくらいしかなかったので購入。

なかなかの問題児で、飯食って本体をPCに接続し始めたのが10時。
デバイス設定で問題発生で解決に1時間。
キャプチャソフトやエンコード設定、インストールに2時間。
やっとこさまともな環境になって、落ちついたのが明けて1時。
貴重な夜の自由時間があっというまに消えて今2時。


とまぁいろいろ苦労したけど
そんな苦労も報われたか、今までのアナログ入力のものと比べたらダンチよ、ダンチ。

s-MX_Snap_20110217_234517.jpg

D4端子接続でのキャプチャです。HDMIではさすがにスペック的に
ついていけそうもないので、やめておきます。色々不具合等もあるようなので。

つーことでまだエンコ設定などなど完全なわけではないので
長めの動画はまだあげられないので、ちょうどTDU2で小ネタがあったのでキャプチャ。



今回から洗車できるようになったんだけれども、その洗車がちょっとヘンなんだ。


なんだか顔のモデリングが残念すぎる微女(美女ではない)
3人が水着で洗車してくれるわけなんだけれども、
すっごくありがた迷惑というか嬉しくないというか、そそられないというか。
その肝心な洗車も、延々フロントガラスにホースで水をかけ、
両サイドで女2人がスポンジを当てがってクネクネするという内容。
ほんとに洗えてるんでしょうかこれ!

今回は車がめちゃくちゃ汚れます。
緑が生い茂る道を走るとコケが生えたように緑化し、
ダートを走れば土埃まみれになります。
あまりに汚すぎて、洗車したくてしょうがなくなります。
しかし洗車するたびにこの茶番。
毎回洗車するのが楽しみになりますね!(棒)
s-DVC00154.jpg

届きました。TDU2。
お時間があまりなかったので、画像や動画を使ったご紹介はまだ後日。

数時間プレイしてみての感想としては
「進化しすぎ」
これに尽きます。
前作ではほぼ空気だった「人間」要素がかなり前面に出てきます。
別ゲーとはいいませんが、前作とは切り離してみて見たほうがいいかもしれません。
カーライフシミュレーションゲームとして完全に確立しています。

そしてどこへいっても誰かしらとマッチングする。
まぁ発売して間もないから当たり前だけど、これが嬉しい。
たとえ人里離れた辺境の地であっても。前作末期ではありえなかった。


ボリュームアップしているのに、なぜか細かい所で劣化していて
不便になっている部分もあります。
座席の位置変えや、ボタン割り当て変更不可、車を自由に売ることができない、
ラジオ局たったの2つ、GPSマップの縮小拡大不可などなど。
まぁそんなほんと細かいところは我慢できますが、
一番我慢ならない点が1つあります。


車の挙動が最悪すぎる。



致命的です。どうしてこんなことになったのか。
超グリップです。ずっとTDUやっていた人なら確実に戸惑うはず。
というかここ最近のレゲーで一番酷いと思います。
まず前作のようなドリフト走行は確実に無理。
前作のようにDLCか、パッチでの修正を望みます。

まぁ何度かレースしたり、島回ってると慣れてきますが、
やっぱりケツを振れないのは悲しい。


そしてランボルギーニ未収録という事実。
どうやら一度倒産したアタリ、お金がなかったみたい。
フェラーリとランボルギーニ両方のライセンス料を払うのは、かなり厳しかったようです。
いずれDLCで来ればいいけれどもね。
あと二輪もDLC限定になっちゃったみたい。ファッキュー。

せっかくボリュームアップしたのに、細かなところで
いろいろダメにしている感じ。バグ不具合も多数報告されてるみたい。
一番恐ろしいのがセーブデータ破壊の不具合。
現在調査中らしいですが、TDUでセーブ破壊はマジやばい。


まぁ自分にとっては、島を8人で自由に流せるというコンセプトだけで
神ゲーなので、これからじっくり楽しんでいこうと思います。
このゲームは一通りクリアしてからが本番ですから。
今回も序盤は制限ありすぎて、なかなか思うように楽しめません。

最低限でも島を大方回らないと、ディーラーやショップを全部見つけることができません。
TDU2を買ったら、まずは繁華街全網羅に島外周くらいは
しておかないと色々不便です。それから速攻でクリアしてしまいましょう。
そしてゆっくりツーリングを楽しみましょう。


海外版TDU発売まで2週間を切ってワクワクが抑えきれない
今日この頃なわけなんだけれども、
知らぬ間にTDU2がベータテストをしていたようで
どうやらそのプレイ動画があったのでご紹介。

随所に前作より向上した点が見受けられます。
まずグラフィックがだいぶ変わりましたね。
綺麗になったとはまた違うベクトルに向上した気がします。
なんというか空気感というか。

そしてマップの見やすさ。
これでだいぶ島踏破がしやすくなる気がします。
前回は走行済み、未走行の道路が非常にわかりにくかった。

地味なところですが、ウィンカーの実装!嬉しい。
前作で全ボタンフル活用していたけど、はたしてどう使うのか。
あくまで動画はPC版なので、据え置き機でどうなるかわかりません。

CPU自動車のバリエーション追加。
救急車とかも走ってるね。AIも賢くなってたらいいけど・・。
前作のDQNすぎる運転をするCPUを観察するのも面白いけれどもね。

そしてなによりうれしいのがアストンマーチン参戦。マジGJ。
あとはBMWが参戦したら僕、満足!

あとはモーションブラーと衝突エフェクトの追加とか。
残念ながら夜や悪天候の時の動画は見つからなかったけれども
それは製品版でのお楽しみというわけで。



今回はどうやらバイナル貼れるようです。
っつーかなにげにスバル参戦ktkr!
もっと日本車増えてればいいのに。

さすがにエアロカスタマイズの実現はないようだけど
ペイント機能による自車へのオリジナリティの付加は
望んでいた機能なのでこれは嬉しい。


今回は続編にこんな仕様があったらいいのになーって
思ってたことが次々と実装されていく。
俺の神ゲーがこんなに神ゲーなわけがない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。