このブログを見たら下痢。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PC版の楽しみ・・・それは・・・・

16coop2.jpg

ざわざわざわざわ

16人Coop、これだね。
カオス以外の何物でもない。
PC版は公式サーバー以外に個人で用意されたサーバーもあり
そのサーバーごとに色々なルールやカオスな設定がされており
16人Coop以外にも8対8の対戦だったりリアリズムよりムズいリアリズム+なんて
難易度まであったり、色々とめちゃくちゃです。
だいたいこういうサーバーは日本で日本人しかいませんから
協力的でラグもそれほどなく居心地の良いサーバーとなっています。

当然人数が多い分こっちが有利なのですが、タンクが5,6体立て続けに
出てきたりたまに10体近く出てくるタンクラッシュもあります。
そのためエキスパートでもゲーム―オーバーになったりします。
サーバーによっては人数分あるとこもあるらしいですが
基本メディキットが4人分しかなかったりで、全体的に体力不足。

スポンサーサイト
さてキャンペーンを一通り終えた訳ですが
さて・・・次はエキスパートに挑戦?

いいや違うね。エキスパートでリアリズム、これだね。

リアリズムモードとはエキスパートの上をイく鬼畜難易度として
今作から実装された廃人向けゲームモードです。
このモードでは以下の点が変更されています。

1.死亡したキャラクターはAEDでのみ復活し、途中で復活できない。
死んだ場合はセーフルームからの復活となります。

2.感染者はヘッドショット以外では中々倒れない。
頭を撃たないと死なないというわけではないですが、かなり固い。

3.通常生存者は壁の向こう側に行ってもシルエットが表示されますが
リアリズムでは一切表示されません。普通のゲームなら当たり前ですが
マップもなく、建物内は入り組み、特殊感染者の性質上はぐれやすい
仕様になっており、全体的に暗いこのゲームでははぐれるとかなりマズいです。

4.アイテム類も一切シルエットの表示がありません。
致命的です。高難易度では、道中の回復アイテムなどに頼るしかないですが
シルエット無しだと暗闇の中はもちろん、屋外でも見つけるのが困難です。

5.ウィッチに攻撃された場合即死。ヘッドショットの練習をするしかありません。

以上の条件の中でかつエキスパートでプレイってんだから
もう軍人並の統率力と協力で乗り切るしかありません。



とりあえずキャンペーン1のチャプター1のみ。



無理だわ。
とりあえずノーマル、(パリッシュのみアドバンス)で全てクリアしましたが
間違いなく最も難しかったのが「ダークカーニバル」。
遊園地が舞台となる本キャンペーンではまさにジェットコースターの如く
感染者の波が次から次へとやって来ます。
特にチャプターごとの最後にあるラッシュでは全てがキツイ。
無限ラッシュ(ラッシュから逃げ切る)の場面が2回もあります。
フィナーレはコンサート会場という一風変わった舞台で
中々面白いシチュエーションだと思います。


あまりにもPC版が優遇されすぎているので
今回はPC版L4D2をチョイスしました。
MODとかも楽しみですしね。

シナリオ1と2をとりあえずクリアしましたが
かなり難易度があがっていると思われます。
まぁ1が出た頃も、ノーマルでもひぃひぃ言いながらのプレイでしたが
今ではエキスパートでないと満足できない体質になってしまいましたが
今回は違う。まずラッシュの多さ。もう前回の比じゃない。
たまに無限ラッシュとかある。

そして新たに追加された特殊感染者が程良いカオスを生み出してくれる。
一番嫌な奴がスピッター。こもって感染者を迎え撃つプレイスタイルを
打開するためにバルブが新たに送り込んだ刺客。
ダメージのある酸を遠くから射出し、広範囲にまき散らす。
まじ酸の飛距離が半端ない。さらにノーマルでもかなりのダメージ。

そしてジョッキー。生存者の上に乗っかって操られます。
スピッターとのコンボで出てくることが多く、酸の床に連れて行かれたり
中々なコンビネーションを見せてくる嫌な奴。
全体的に特殊感染者のAIが上がってる感じがあり
キャンペーンでも対人戦かの如くAI同士の協力プレイを見せてくることがあります。

そしてキャンペーンの長さ。ラッシュも多いため弾も結構厳しい。
フィナーレではただ敵を倒すだけでなく、運搬作業などちょっとした工夫もあり。

追加された特殊感染者もそれぞれの個性を食う事なく
バランス良い配置と能力となっています。

まぁ結局は2もかなりの良ゲーと言った感じでバルブGJと言わざるを得ない。
当初は1出てもう2出すのかよ、それならもっと1のボリューム増やせよと
思っていましたが、今回は十分遊び応えのある内容となっています。


とりあえずキャンペーン1のフィナーレ。
クリックすると大きいサイズで見れます。

おまけ
l4d_hospital01_apartment0004.jpg
PC版買った記念に自作イラストスプレーと本物ルイスチェキ。
l4dbattle1.jpg
Left4Deadの対戦モードやってきたよ。
なんだか当初はおまけ的な感じだと紹介しましたけど
十分作り込まれたユニークなモードだと思います。

対戦というより生存者チームと特殊感染者チームに別れて
生存者チームは普通にシナリオを進めていき、
その道中感染者チームが生存者を襲う感じ。
いつもは生存者を演じているけれど、このモードでは
特殊感染者側、つまり敵役を演じる事が出来るという夢のあるモード。

まずは4対4のチームに分かれます。
1つのシナリオを、チャプター毎に生存者側と感染者側をそれぞれプレイ。
つまり1つにつきクリア1時間くらいかかるシナリオを
2回繰り返す事になるので、ゲームの決着がつくのは
単純計算で2時間かかります。でもプレイ中は時間経つの忘れますよ。

[L4D日和その2]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。